2005年 02月 15日 ( 8 )

2005/02/05(土) - 2 Dive No.135 - ビダ・ナイ  [ピーピー]

事件のあとなので、客もみな興奮気味だが
帰りの時間も気になるため、水面休息はぎりぎり1時間以上取って
2本目のダイビングに臨む

a0002177_21375667.jpg
まずはおなじみのネッタイミノカサゴ、逆立ち編である
この魚は岩に沿って泳ぐためか、横向きだったり逆立ちだったりする


a0002177_21389100.jpg
クリーニングステーションに集まっている、タカサゴの仲間
普段は群れて泳ぎ回っているタカサゴやアジの仲間も
ホンソメワケベラなどのクリーナーがいる場所では、立ち止まってクリーニングして貰っている
一部の魚では、気持ちが良いためか体色をまったく変えるモノもいる


a0002177_21381996.jpg
イソギンチャクから体を見せている、スカンクアネモネフィッシュ
こいつはイソギンチャクへの依存度が高いため、なかなか全容を見せてくれない


a0002177_2138334.jpg
ビダナイと言えばトマト アネモネフィッシュである (^^)
動きが速くて、なかなかうまく撮れないのだが
それ以外にも、一本目のトラブルで、デジカメが熱を持っていたため
ガラスが曇ってきて、うまく焦点が合わないのである     残念!



a0002177_21385231.jpg
これは写真でわかるだろうか?
岩に擬態しているオニカサゴである   うちの田舎では立派な刺身の食材なのである



a0002177_2139759.jpg
あまり人を恐れない  ネズミフグである



a0002177_21392855.jpg


こうして、念願叶ったピーピーだが、デジカメが不調だったのは実に悲しい
ただ、海はなかなか面白く 楽しいダイビングであった

Log
[PR]
by kaonoi | 2005-02-15 22:05 | Diving | Trackback | Comments(4)

2005/02/05(土) - 1 Dive   No.134 - ビダ・ノック  [ピーピー]

プーケットには15ヶ月ほど通い続けているのだが
今回までに行っていないポイントが2カ所あった
一つは、ピーピー島周辺のポイントでもう一つはキングクルーザーだ

キングクルーザーとは、近くにあるアネモネリーフにぶつかり
沈没した船のあるポイントなのだが
だいぶ痛んできており、早く行かないと潰れそうなのである (笑)

さて、毎回しつこくピーピーとさえずっていたおかげか
今回はピーピーに行けそうである

例によって、早朝早く迎えが来て チャロン湾から船に乗り込むのだが
今回使用した「ウエストコースト」という会社の船は
なかなか大きくて、ゆったりできる

ただ、その分船足が遅いのか ポイントまで3時間以上掛かり
最初のダイビングが、12時直前という時間になってしまった
a0002177_20294095.jpg


エントリー後、カメラが不調になり電源が入ったまま熱を持っている
よって、このダイビングの唯一の写真は下記のごとく意味のないものに終わってしまった
a0002177_20305576.jpg



返す返すも残念だったのだが、このあと大事件に遭遇するのである





ダイビングを続けていくうちに、岩陰に二人連れのダイバーがいたのだが
手に不審なものを持っているようだった

スピアガンと呼ばれる水中用の銛で、魚を突いているようだった

この地域において、素潜り以外の銛撃ちは禁止されているので
通常、ダイバーと銛撃ち漁師がすれ違うことはあり得ないのだが
どうやらスクーバ装備をして、違法に漁をしている様子である

我々のダイブリーダーが、水中スレート板に違法な漁を中止するよう書き
彼らに見せたところ、一人はその場を離れたのだが
もう一人は、まったく無視を決め込んで漁を続けていた

ダイバーの中に、50過ぎの白人客がいたのだが
彼が頭に来たのか、漁をやめない奴のスピアガンを取り上げようとして
もみ合いになってしまった

暴発でもしてけが人が出るのを恐れてか、ダイブリーダーも加わって
水中でとっくみあいになってしまっている

突然、その男が急浮上を始め その場を離れたのだが
顔を見ると白人の男性であることが判明した・・・・・んん?

そうなのである、顔がはっきり見えたと言うことは
マスク(水中眼鏡)も外れ、レギュ(呼吸用の機材)もくわえていないわけだ

もみ合いになってしまうと、こういう事故も起きてしまうので
違法行為をさっさとやめて立ち去って欲しかった。

しかも、事件はこれで終わりではなかったのである



プーケットのダイビングにおいては、浮上前に安全停止という
減圧症(潜水病)予防の行為を行うのだが
これは、3分間水中5mの深度を保って、血液中の窒素が急激に気泡となるのを
防ぐ行為だ、 さらにフロートという目印のウキを海面上に立てて
ボートに、ダイバーの所在地を示す意味もある

ところが、我々がフロートを上げて安全停止をしていると
頭上をモーターボートがスクリューを止めずに旋回し
危険きわまりないのである

スクリューに巻き込まれたら命がないので
下からエアを上げて注意喚起をしてもまったく離れようとしない

どうも先ほどの連中が、仕返しに来ている感じだったので
船の近づけない、岸壁すれすれに浮上し
我々が、もみ合った者ではない様な顔をしたところ
他の浮上してきたダイバーの方へ走り去っていった

ヤレヤレである

Log
[PR]
by kaonoi | 2005-02-15 20:53 | Diving | Trackback | Comments(5)

魚生

本日は、正月7日と言うことで シンガポールでは各家庭やOFFICEで
「魚生」(イーサン-ウムラウトなので発音が難しい)である。

どうやら星馬の華人から始まった行事のようで
細切りの野菜やポメロ、らっきょう?などに魚の刺身を混ぜて
幸運を願いながら「ローヘイ、ローヘイ」と唱え
各自の箸で混ぜ合わせると言う物である

昨年は、レストランに行って行ったのだが
今年スーパーで買ってきて、事務所でやることにした
a0002177_17265474.jpg

しかし、購入した物は10人前のセットで、3人だけのOFFICEでどうやって消化するんだ (笑)



野菜以外のトッピングは、黄金に見立てたあられや胡麻、
手前のソースは、非常に甘い物で 見た目がサラダのようだという考えを
根底から打ち砕く、濃厚な蜜である (笑)
a0002177_17303161.jpg
なお、赤いのはスモークサーモンなのだが、
スタッフの1人が生魚がダメなため、急遽追加購入した物である
(と言うか、スモークサーモンはOKなのが不思議なのだが・・・・)



a0002177_17323537.jpg
で、 こういう感じになる訳なのだが
これを参加者全員が箸でかき混ぜ、持ち上げ、ぱらぱら落としながら
「ローヘイ、ローヘイ」と唱えるのである
まぁ、宝くじが当たりますようにとか、昇給しますようにとか
願い事はお金方面に濃くなるのは、中華系行事では致し方がないことか (笑)



a0002177_17345547.jpg
できあがり?は こんな感じである
ただ、前述したように非常に甘ったるいソースがかかっているため
とても食べきれないわけで、半分近くは残してしまった





ところで、休暇中バンコクで読んだ新聞によると
香港では「盆菜」なる正月料理があり、最近流行っていると言うことであるが
香港ブロガーのみなさま、ぜひ実態をお教えいただきたい

どうやら、タライに料理を盛りつけたような物らしいのであるが・・・・・

よろしくお願いします m(_ _)m > 香港ブロガー各位



--------------------------

香港のグルメブロガー Kuri 太太が 香港のおせち料理 で「盆菜」を紹介されている

いや、新聞記事で読んだときもけっこうすごい ( たらいに盛りつけ・・・)と思ったが
それ以上の物であることがよくわかりました

さすがは、香港人&香港ブロガー (・・・って、違うか?) m(_ _)m
[PR]
by kaonoi | 2005-02-15 17:39 | weblog | Trackback(1) | Comments(7)

2月4日 SIN-HKT

今回の休暇はプーケット、バンコクを回ってくる予定である

ところが、津波の影響で旅客が減ったためか
本来予定していたタイ航空のプーケット便がキャンセルになってしまった

これは夕方出発なので、仕事を終えて空港に向かえば間に合ったのだが
かわりに手に入ったシルクエアの便は昼間発なので
半日休暇を取る必要があり、旧正月前の忙しい時期に
たいへん迷惑な話であった (怒)

シルクエアは、48時間前に町中にあるオフィスでチェックインすることができるため
ぎりぎりまで仕事をして、空港に着いたのは出発30分前だったのだが
まったく問題ないどころか、空港内で珈琲を飲む時間もあった (笑)
a0002177_14303479.jpg



こういう短い路線では、到着先の出入国カードは
搭乗ゲートで渡されるのだが、タイの場合書式が変わっていて
初めて見るカードで、ちょっと面食らう

しかも、年収を記入するらんがあるのだが、これは何を意味しているのか?
無収入だと入国規制でもしたいのかな
a0002177_1433317.jpg



シルクエアの場合、格安航空会社と違い
席も選べるし、機内食もあるのだが 1時間15分のフライトでは
それほどプライオリティがあるわけでもない
それより定時制が高いと言うのが何よりうれしい

到着後、ダイビングショップに顔を出し、翌日からのダイビングを打ち合わせる

実は、最近右手首に痛みがあり、力が出ないと言うことを話すと
オーナーがわざわざ荷物をホテルまで運んでくれて、恐縮の極みである。

今回の宿泊先は アロハ・ビラというところで、1泊1000Bである

翌日からはダイビングのため、早朝出発になるため、夕食は軽くタイスキと言うことにした
[PR]
by kaonoi | 2005-02-15 14:42 | プーケット旅日記 | Trackback | Comments(0)

タイ航空の対応は?

寺田直子さんのハッピー・トラベルデイズから
プーケットのサンゴ復旧クルーズ参加募集!へトラックバックします

--------------------

ハッピー・トラベルデイズでタイ航空の「LOVING PHUKET」と言う写真が紹介されている
しかし、実際にタイ航空がやっていることは、プーケット便の大幅削減である

今回、私が利用する予定だった、シンガポーループーケットという路線も休止され
TGで行くためには、SIN-BKK-HKTと言う、むちゃくちゃな遠回りを強いられる

タイという国も、タイ航空という会社も対外的なプロモーションは非常に上手く
いわゆる外面は良いのだが
実際にプーケットを愛しているとはとても思えない行動をしている

シンガポールのタイガーエアという格安航空会社は片道 S$9.98 (630円)という
キャンペーンをやって、プーケット観光を促進している

私はTGよりタイガーエアを支持したい!
[PR]
by kaonoi | 2005-02-15 14:13 | プーケット旅日記 | Trackback | Comments(2)

MBK 周辺の詐欺師に要注意!

今年の旧正月は、私とは別に当社のスタッフも
家族でバンコク旅行をしていたのだが
どうやら詐欺師に遭遇したようなので顛末を聞いてみた

場所はMBK(マーブンクローン)のパヤタイ通り側入り口
警官風の制服を着た男が近づき、英語で話しかけてきた
曰く「今日は仏教の日でMBKは12時オープン」
「近くに国王主催の非課税イベントがあるのでトゥクトゥクで行かせる」
「自分は警官なので嘘は言わないし、信用できるトゥクトゥクを紹介する」・・・・


まさに典型的な詐欺である (笑)
以前も当社香港スタッフがサイアムスクエアで同じ手口に引っかかって
まさに宝石を買う直前まで行ったのだが、偶然仕事上の問題が発生し
その対応に追われて、被害を免れている
(当の本人は、私が指摘するまで詐欺だと気が付いていなかったようだ)


かつては「ジム・トンプソンの家」前の通りや王宮前あたりが活動場所だったようだが
MBKにまで進出しているとはちょっと驚いた



ちなみに、うちのスタッフは警官(風)のしゃべる英語が流暢すぎたので
怪しいと感じたため被害に遭わなかったと言っていたが
これはこれでずいぶん偏見に満ちている (笑)
もっとも、タイの普通の警官が用もなく観光案内する事はあり得ないので
対応としては正しいと言えるなぁ
[PR]
by kaonoi | 2005-02-15 12:20 | バンコク生活 | Trackback | Comments(3)

The Clash

皆様にご心配いただき、恐縮至極であります m(_ _)m

一夜明け、多少とも落ちいてきたので
続報とさせていただきます


--------------------

PCの状態なのだが、液晶に縦の細い筋が入っている他に、下部が破損しているようだ
現時点では、HDDが稼働しているようなのだが 少し異音がしているため
いつ壊れるか心配である
a0002177_10273841.jpg



iPodも、電源を入れるとアップルマークはでるのだが その後切れてしまう。
外観は、裏側がへこんでいる程度なのだが
HDDに影響があるように思われる
a0002177_10292894.jpg




さて、当日のやりとりなのだが
先方の交渉相手は自動車保険の会社になる

こういう事故の場合、管轄はツーリストポリスではなく、一般の警察なので
作成される事故の顛末書はタイ語である
多くの場合、保険屋同士の折衝となるため問題が少ないのだが
今回、私の保険が携行品のカバーが無いため
相手と直接交渉する必要がある

さらに、補償金が出た場合も 直接保険屋まで出向いて
タイバーツ建ての小切手を受け取る必要が生じる
しかも、その小切手ができるのは、最低10日以上掛かる
短期の旅行者の場合、再度タイまで出向くことになるため
飛行機代も掛かってしまうので、補償金額によっては
放棄した方が安上がりと言うことも考えられる

今回の事故に関しては、保険対象外であったのだが
最終的に三井住友海上の好意でタイ人スタッフを派遣してもらえ
その後の面倒も見てくれるということになり
たいへん感謝している。




皆様方も、ご自身の保険カバー内容を
再度確認された方がよろしいかと思います
[PR]
by kaonoi | 2005-02-15 10:59 | バンコク生活 | Trackback | Comments(3)

旅の終わりは 良いこと無し (ノ_・。)

さて、旅日記である・・・・・・・・・・・・・ が
まったく、ここ数年来のツケが一気に来たかのような
不幸が最後におきてしまったのである

事は会議室ではなく、バンコクの空港でおきたのである

いつものように、タクシーから降りて
バッグを足下に置き、トランクから荷物を取り出そうと
車の後ろに回ったとき

私の背中を走る車の気配を感じたのである

つまり、降りた車から30cmも離れていない場所を通る車である


必然的に、足下に置いていたバッグはタイヤに引かれてしまい
3mほど引きずられていったのであるが
運転していたおばんは、素知らぬ顔で行き過ぎようとしていたため
あわてて車の後部を叩いて止めたわけだ

これから、英語の話せないタイ警察と自動車保険屋
一応通訳をしてくれているらしい、ツーリストポリスの事務員(警官ではない)
を交えて、延々6時過ぎまで交渉が続いたのであるが
面白い話もないわけで、詳細は略す

結果、被害は
 ノートPC      大破 (液晶一部破損)
 デジタルカメラ  全損 (液晶破損、筐体打痕、操作不能)
 iPod mini    全損 (筐体打痕、一切無反応)
 リュックサック  一部破損 (引きずられたとき、穴が空く)

と言うわけである

さすがに、精神的打撃の為、詳細をアップするには時間が必要だが
手近なデジカメだけでも 上げておく (ノ_・。)

a0002177_032533.jpg
カシオのデジカメは、液晶部分に保護のパネルがあるため
表面からは壊れていることが確認できないのだが
電源を入れると、液晶は何も反応しておらず
ただバックライトの白い灯りが見えるだけ・・・・

また、右側の操作ボタンの部分も筐体がゆがんでおり
ボタンが押し込まれたまま固定されている感じで
操作ができなくなっている

一応電源ボタンは上面にもあるので ON OFF はできるのだが
撮影できているのかどうか、確認するすべもない・・


a0002177_0395376.jpg
上面にあるつなぎ目部分は、圧力のため浮き上がっている

一応試してみたところ
[PR]
by kaonoi | 2005-02-15 00:44 | バンコク生活 | Trackback | Comments(12)


17年住み慣れたシンガを離れ 新たにバンコク、さらに イサーンでの生活開始


by kaonoi

プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

春も近くになってしまいま..
by うめこ at 10:47
kaonoiさん、こんに..
by 高兄 at 18:43
時々更新が途絶えてたのは..
by lee_makan at 05:18
おろ! それは大変な田..
by tanukidaponta at 19:55
何時再会!
by bossba at 14:46
タイの人はいつ頃から辛い..
by lee_makan at 01:20
王妃様、国民のお母様的存..
by bossba at 03:07
ポン太所長、こんにちは:..
by kaonoi at 08:07
bossbaさん、こんに..
by kaonoi at 08:05
ブンを積むのか、宣伝なの..
by tanukidaponta at 06:20
これがお葬式! 招待状..
by bossba at 18:14
tadano_butaさ..
by kaonoi at 10:33
こんばんは。 こういう..
by tadano_buta at 22:23
bossbaさん、こんに..
by kaonoi at 08:33
ポン太所長、こんにちは:..
by kaonoi at 08:31

最新の記事

ブログ更新終了のお知らせ
at 2016-12-31 19:19
Nikon Coolpix ..
at 2015-08-17 07:02
ASUS fonepad 7..
at 2015-08-15 07:08
7月11日  雨宿り
at 2015-08-14 07:02
Nikon Coolpix ..
at 2015-08-13 07:02
王妃誕生日(母の日)
at 2015-08-12 07:08
Cybershot DSC-..
at 2015-08-11 07:06
5月22日 高僧の葬儀 3
at 2015-08-10 07:02
8月8日  晴れたり降ったり
at 2015-08-09 07:06
5月14日 嫁の実家(マハ・..
at 2015-08-08 07:02
5月22日 高僧の葬儀 2
at 2015-08-07 07:02
危険と隣り合わせ?
at 2015-08-06 07:02
5月22日 高僧の葬儀
at 2015-08-05 07:01
サイアム・バナナ?
at 2015-08-04 07:03
5月14日 マハ・サラカム へ
at 2015-08-03 07:03
7月31日 ブルームーン
at 2015-08-02 07:11

エキサイト以外のブログ

最新のトラックバック

ホテルの朝食@ヴィエンチ..
from ポンポコ研究所
南翔饅頭店
from ポンポコ研究所
茶梅のパッケージがリニュ..
from 台北永康街の長順名茶のスタッ..
6/5 ロイエット県スワ..
from バックパッカー日記
リトルインディアの剪刀剪..
from 気になるシンガポール+α b..

フォロー中のブログ

バックパッカー日記
香港・中国・ASEAN 雑食性
B級LogBook
ポンポコ研究所
always over ...
南の島で暮らしたい!!
makan-makanan
気になるシンガポール+α...
渋滞日記
Starbucks World
ポンポコ研究所(アジアのお酒)
渋滞日記Ⅱ 
eat! eat! eat!
エキサイトブログCAFE

カテゴリ

weblog
digital
旅日記
バンコク生活
プーケット旅日記
イサーン日記
Singapore
B級グルメ
健康メモ
食べ物
見聞読
Diving
Diving INDEX
家族旅行
ゲーム
物欲記
ニュース
バカニュース
過去Log
水中デジカメ
脱力!
index
タイ 家族旅行
Laos 旅日記
シンガポール家族旅行
Cooking
日本家族旅行
日本旅行

タグ

(234)
(231)
(104)
(83)
(57)
(48)
(40)
(38)
(28)
(25)
(21)
(17)
(16)
(15)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

以前の記事

2016年 12月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
more...

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
オヤジ

画像一覧