<   2007年 03月 ( 42 )   > この月の画像一覧

3月20日  ベ~トナ~ム ホーチ~ミン ♪

ベトナム出張である

まずはバンコクの空港で日本からの出張者と落ち合い
ベトナムのホーチミンへと向かう

バンコクの新空港は、建物の仕上げがひどかったり
天井からクモの巣が落ちてきたり
良いとこはまったく無いのであるが
特にテナント料が高いためなのか
飲食店の料金がバカッ高いのである

もちろん、シンガポールでも成田でも
街の数倍の値段を取る店が入ってはいるのだが
ファーストフードや回転寿司等
市中と同じ料金の店もあって、選ぶことができるのだ

ところがバンコク新空港に限っては
もれなくどこでも異常に高いのである

安い物を数倍の値段で売っていることもあるし
(バミーやカオマンガイなど・・・)

飲み物など、高い物しか置いていない場合もある
a0002177_18254530.jpg
       左の緑茶が65バーツ、真ん中のスプラッシュが35バーツ

しかも、このタイ製オレンジドリンク スプラッシュ
2本のボトルで、中身の高さがこれほど違うのは
10年以上前にフィリピンで見た、コカコーラ以来である

今回はタイ航空を使ったのであるが
機内アナウンスでは、ホーチミン・シティではなく
すべて「サイゴン」と言っていた
a0002177_18322572.jpg


今回でかけるのは、サイゴンから北へ150kmほど離れた場所にあるところで
ろくな飯屋もないと言うことだったので、移動までの時間に
サイゴン市内でつかの間の息抜きである
a0002177_18343920.jpg

この店は、アメリカ風のカフェで ドンとUS$の両方が併記されており
支払い時に揉めなくて助かった (ドンをまだ両替していなかったため)

その後、待ち合わせのホテル界隈をぶらぶら歩いていると
なにやら戦闘機や戦車が置いてある場所があり
日中なら見学できそうな雰囲気だった
a0002177_1837743.jpg


その後、迎えの車が来て バイクで激混みのサイゴンから
a0002177_183836100.jpg

現場へと向かうのであった
a0002177_18385734.jpg

[PR]
by kaonoi | 2007-03-31 18:39 | 旅日記 | Trackback | Comments(9)

3月18日 朝のバーでは F1 三昧  

KL在住のcatyさんが ナシゴレン・USAなるものを記事にされている
タイのものとはまたちょっと違う感じなのである

--------------------------

日曜日の朝・・・・・と言うことなのだが
プーケットタウンならともかく、このパトンビーチ・エリアは
毎日が「日曜日」的な場所であるため
ともすれば曜日の感覚が薄れてしまうのだ

食事もいつもの「Dang Restaurant」である
a0002177_1219157.jpg
     カオパット・アメリカン  (タイ人の考えるアメリカ風炒飯)

バンコクあたりだと、もう少しケチャップライスが赤いのだが
プーケットはアメリカ人の割合が少ない
ヨーロッパ圏なので、意外と美味しいのである (笑)

その後、散歩がてらバングラ通りをビーチに向かう
すると、南側に連なるバーがどこも満席状態なのだ
a0002177_12223833.jpg
a0002177_12224814.jpg


なんじゃ、朝から?・・・・と、疑問に思い 覗いてみると
店内のテレビでF1 豪州GPの中継を映しているのだ

今年からシューマッハがいなくなり、タイヤもBS1社供給とか
いろいろ話題もあるF1であるが
プーケットでこの様な様子を見るとは思わなかったので
正直、ちょっと驚いている

結果は
[PR]
by kaonoi | 2007-03-31 12:26 | プーケット旅日記 | Trackback | Comments(4)

ソンテウに乗ってセントラルへ

公共交通機関の整備がまったくダメダメなため
バイクやトゥクトゥクの料金がますます高騰しつつあるプーケットだが
唯一 ソンテウというトラック改造バスだけが
低料金で庶民の足となっている

それでも、セントラルまで25バーツと
バンコクのエアコン無しバスなどと比べたら
目玉が飛び出るほど高いのであるが

トゥクトゥクや白タクの料金が、あまりにボッタクリのため
悲しいことに、すごく安く思えてしまうのである (笑)
a0002177_1735419.jpg


問題は、このソンテウの営業時間が日中だけで
夕方以降は、走らないところにある

で、ほぼ30分おきにパトンとプーケットタウンを結び
途中、セントラルの前も通るので、昼食へ行くのに利用した

a0002177_17373863.jpg

中は3列のベンチが置いてあり
混んでくれば徐々に詰めていくという形である

このソンテウには、車掌が乗っており
料金の徴収や、客の誘導などけっこう忙しそうなのである
a0002177_17392629.jpg

ところが、途中の屋台で買い物を始めたりすることもあって
それはそれ、アジアっぽい風情なのである
a0002177_17403035.jpg
          ジーンズに青シャツが買い物中の車掌である

食べた物は
[PR]
by kaonoi | 2007-03-30 17:45 | プーケット旅日記 | Trackback | Comments(8)

2007/03/16(金) - 2 Dive No.407 - パラダイス・リーフ [Phuket]

パトンビーチのダイビングスポットはいくつかあるのだが
湾の南側は街に近い方から、エメラルド、パラダイス、フリーダムと
続いており、フリーダムになると湾の外側に近くなる

また、湾の北側にはナカレービーチ、ナカレー・ピナクルと
これまた面白いポイントがあるのだが
パトン湾を横断する距離になるため
いつも行くわけではない

この日は、パラダイスで2本潜ったため
水面休息は ボートに上がることなく
水面に浮きながら取ったのであった
a0002177_233146.jpg


ところが、こういう場合 準備もなく2本目にはいるため
水中に入ったとたんマスクが曇り始めたのであった 
   ヤレヤレ ┐(´-`)┌ マイッタネ


a0002177_2333668.jpg
          チョウハン


a0002177_234060.jpg
          タテジマキンチャクダイ


a0002177_2342399.jpg
          超ミニサイズのゴンズイ玉


a0002177_2345431.jpg
          ハナミノカサゴの幼魚


a0002177_2364711.jpg
      実はこれ、スズメダイではなく 左下のヤスジチョウチョウウオを撮りたかった

Diving Log
[PR]
by kaonoi | 2007-03-30 00:02 | Diving | Trackback | Comments(4)

QQ Rice

台湾 高雄発祥の おにぎりチェーン「QQ Rice」がシンガポールにもやってきた
a0002177_14175622.jpg


各種の米を使ったおにぎりに、26種類の具を5種類チョイスして
1個 S$ 3.20~3.90 である

ご飯の種類には、白米、玄米、五穀米、古代赤米、小麦胚芽米などがあるようだが
今日は玄米と胚芽米はまだのようだった
また台湾ではあり得ないと思うのだが、シンガポールではハラルのようで
「No Pork No Lard」 の張り紙がされていた

a0002177_14264029.jpg

何しろすごい行列な上に、一個一個オーダーを聞きながら作るので
けっこう時間が掛かる
と言うことで、私も3個ほどオーダーしてみた


a0002177_14281054.jpg

左から、レンダンマトン (どう考えてもインドネシア料理)
真ん中が、ローファット 、右の黒いのが鉄分補強おにぎりである

すべてがオーダーメイドなのであるが
上記3種は、効能書きと共にお薦めとして看板が出ていたので
手軽に注文したわけである


さて実際の中身はどうなっているかというと
a0002177_14322172.jpg

これはローファットなのだが、五穀米のご飯 (本来は玄米らしいが今日は品切れ)に
具が 海苔、コーン、筍、高菜、魚のフロスの5種類だった

米が五穀米なので、よく噛まないと胃にもたれる
(現在 まさにもたれ中・・・・)

さて、このチェーン店 シンガに根付くだろうか?
ロティ・ボーイの二の舞にならないことを切に祈るのである

食べてみた・・・・・
[PR]
by kaonoi | 2007-03-29 14:28 | B級グルメ | Trackback | Comments(6)

3月16日 ヤム・パックブンコー

パトンでのダイビングを終えて、いったんアパートに帰り
イントラのまどか嬢やブログ仲間のcircleoflife 嬢と夕食に出かけた

場所は、バングラ通りを道を挟んで山側に伸びる
ソイ・サンサバイにあるイタリアンである
(名前は忘れたが、一番バングラ通りに近い店)

パトンでイタリアンと言えば、サワディラック通りにある
La Cucina Italiana もお薦めなのであるが
ここはタイ料理が美味くないのである
今回も、食にコンサバティブなタイ人が一緒なので
ソイ・サンサバイにした・・・・・と言うのは真っ赤な嘘で

この店でタイ語でしかメニューに書いてない
「ヤム・パックブンコー」という料理があるからなのだ
a0002177_10342645.jpg


これは、空芯菜の天ぷらに ヤム(この店では海老)という
ちょっと辛い和え物を掛けて食べる料理だ
a0002177_10353895.jpg


空芯菜のパリパリした食感と、ヤムの味わいがマッチして
非常に美味しいものだが、他の店ではあまり見かけないのが悲しい


《ちょっとご注意!》
この料理、プーケットのセントラルなどにも入っている
ヤム・サープ と言うチェーン店でも食べることができる
しかし、味は著しく落ちるので ご了承を

ヤム・サープの他のメニューはそこそこ行けるので
食べるなら他の料理がお薦めである

他に食べた物は・・・・
[PR]
by kaonoi | 2007-03-29 10:56 | プーケット旅日記 | Trackback | Comments(0)

3月15日 夕食 @ ジャンク・セイロン

a0002177_1558625.jpg
これって「Jung Ceylon」だから ジャング・セイロンもしくはジャン・セイロンのはずだけど
中庭には、ジャンク船 (Junk)が置いてあるんだなぁ
私の辞書でJUNGをひくと精神学者のユングしか出てこないし
この「JUNG」が何を意味しているのか謎である
まぁ、おそらく英語ではなく他の言語である可能性が高いのであるが
その場合、どう発音するのかもわからない

ともかく、パトンにできたこのショッピングセンターは
徐々にテナントが増えてきて、来シーズンにはかなり実用的になりそうである (笑)

で、アクアランドのMDKイントラと夕食を食べに出かけたのであるが
ちょうど中庭のジャンク船が置いてある手前の広場に
テーブルを並べてビアガーデンの営業をしていたので
まわりに並んでいるテントの屋台から
適当に頼んで夕食の代わりとした
a0002177_1644771.jpg


タイのビアガーデンには各社のプロモーションガールが居て
注文を取ったり運んできたりするんだけど
ここは、ビア・チャーンとタイガーという両極端のメーカーだった
もちろん、シンガポール資本のタイガーの方が美味しいし
ビールガールのレベルも高いんだなぁ (笑)
[PR]
by kaonoi | 2007-03-28 16:07 | プーケット旅日記 | Trackback | Comments(6)

2007/03/16(金) - 1 Dive No.406 - パラダイス・リーフ [Phuket]

今月の仕事の状況からすると、大変忙しくて
1本も潜れない予定だったのであるが
急遽決まった出張が、飛行機の関係でプーケット経由になり
1日ぽっかり日程が空いてしまったので
半日で潜れる、パトンビーチへ行くことにした

実は Happy Go Lucky!! のcircleoflifeちゃんとは
23日に落ち合うことにしていたのであるが
日程が決まったのが前日とあって、連絡できないまま
アクアランドで対面と相成ったのである

2007 MAR 16th 1本目 Paradise Reef

このパトンビーチで潜るダイビングショップは
日系ではアクアランドだけだと思うのであるが
講習や体験ダイビングだけではなく
小物、群れ、蝶々魚・・・と、非常に面白いため
ファンダイブのポイントとしても
個人的には大変お薦めなのである

もちろん、シミランやラチャ・ヤイのような透明度は望めないのだが
それでもコンディションが良ければ15~20mくらいは見えるので
なかなか楽しいのである
(ダメなときは2mくらいと言うときも・・・・・もちろん ある)


a0002177_2311191.jpg
          ミナミハコフグの幼魚 (ちょっと成長している)


a0002177_23113655.jpg
          ドクウツボ


a0002177_2312730.jpg
          フウライチョウチョウウオ


a0002177_23123263.jpg
          アジアコショウダイの若魚


a0002177_23125882.jpg
          キンセンフエダイの群れ


a0002177_23132770.jpg
          ミスジチョウチョウウオ (インド洋型)

Diving Log
[PR]
by kaonoi | 2007-03-28 00:02 | Diving | Trackback | Comments(2)

昼食 @ SQUARE 2  (その四)

相変わらず SQUARE 2 のフードコート探索を続けている

いままでは、日本食ストールだったのだが
今日は隣にある、ローカルフードの店にした

ここは麺やご飯ものを扱うストールなのだが
いわゆる煮炒(経済飯)と違い、作り置きではなく
オーダーした後に作るスタイルなのである
(だからと言って、美味いとは限らないが・・・)

この店で気になっているメニューが二つあって
ひとつは 「Mui Fan (火会 飯)」 もう一つが「San Mee (生麺)」である
Mui Fanの方は、四川料理のおこげを、普通のご飯に変えたような奴で
海鮮うま煮丼・・・的な物なのだが、店によって当たりはずれが多い

と言うわけで、今日のオーダーは「San Mee (生麺)」である
a0002177_16134841.jpg
          生麺 S$ 3.50

「なまめん」と書いて、揚げ麺を使う謎の料理である (笑)
日本的には堅焼きそばとか餡かけ焼きそばを想像してもらえば近いものだ
名前の由来は、生きたシーフード(海老とか)を使う事からなのだが
まぁ、この値段でそれはあり得ないだろう

このストールの生麺は、その場で魚をスライスしていたり
なかなか良心的に作っているのであるが
クリスピー物好きな私には、ちょっと餡の水分が多すぎるようだ
せっかくの揚げ麺が、シナシナになってちょっとガカーリ!

そう言えば、その昔 コンビニなどで売られていた
「アルキメンデス」はひどい味だったが
せめてシンガポールの生麺程度に美味しければ
もう少し評価されていたかもしれない

食後のデザートは
[PR]
by kaonoi | 2007-03-27 16:33 | B級グルメ | Trackback | Comments(0)

日テレ 恥の上塗り?

なんだろうねぇ、言っていることがまったく違うのだが

日テレ集団暴走あおる? (日刊スポーツ)


この記事を読んだ限りでは、日テレの関係者(制作会社?)が
事前に二回目の取材を伝えたことを、警察が認識しているようなのだが
日テレは真っ向否定のようだ

これが事実でないとすれば、産経新聞に講義するより
群馬県警に対して に対し「抗議や訴訟を含めて検討中」・・・としなければ
話のつじつまが合わないと思われる

さすがは読売グループ、何に対しても自己中心的な態度が見え隠れするなぁ
[PR]
by kaonoi | 2007-03-27 14:19 | ニュース | Trackback(1) | Comments(0)


17年住み慣れたシンガを離れ 新たにバンコク、さらに イサーンでの生活開始


by kaonoi

プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

春も近くになってしまいま..
by うめこ at 10:47
kaonoiさん、こんに..
by 高兄 at 18:43
時々更新が途絶えてたのは..
by lee_makan at 05:18
おろ! それは大変な田..
by tanukidaponta at 19:55
何時再会!
by bossba at 14:46
タイの人はいつ頃から辛い..
by lee_makan at 01:20
王妃様、国民のお母様的存..
by bossba at 03:07
ポン太所長、こんにちは:..
by kaonoi at 08:07
bossbaさん、こんに..
by kaonoi at 08:05
ブンを積むのか、宣伝なの..
by tanukidaponta at 06:20
これがお葬式! 招待状..
by bossba at 18:14
tadano_butaさ..
by kaonoi at 10:33
こんばんは。 こういう..
by tadano_buta at 22:23
bossbaさん、こんに..
by kaonoi at 08:33
ポン太所長、こんにちは:..
by kaonoi at 08:31

最新の記事

ブログ更新終了のお知らせ
at 2016-12-31 19:19
Nikon Coolpix ..
at 2015-08-17 07:02
ASUS fonepad 7..
at 2015-08-15 07:08
7月11日  雨宿り
at 2015-08-14 07:02
Nikon Coolpix ..
at 2015-08-13 07:02
王妃誕生日(母の日)
at 2015-08-12 07:08
Cybershot DSC-..
at 2015-08-11 07:06
5月22日 高僧の葬儀 3
at 2015-08-10 07:02
8月8日  晴れたり降ったり
at 2015-08-09 07:06
5月14日 嫁の実家(マハ・..
at 2015-08-08 07:02
5月22日 高僧の葬儀 2
at 2015-08-07 07:02
危険と隣り合わせ?
at 2015-08-06 07:02
5月22日 高僧の葬儀
at 2015-08-05 07:01
サイアム・バナナ?
at 2015-08-04 07:03
5月14日 マハ・サラカム へ
at 2015-08-03 07:03
7月31日 ブルームーン
at 2015-08-02 07:11

エキサイト以外のブログ

最新のトラックバック

ホテルの朝食@ヴィエンチ..
from ポンポコ研究所
南翔饅頭店
from ポンポコ研究所
茶梅のパッケージがリニュ..
from 台北永康街の長順名茶のスタッ..
6/5 ロイエット県スワ..
from バックパッカー日記
リトルインディアの剪刀剪..
from 気になるシンガポール+α b..

フォロー中のブログ

バックパッカー日記
香港・中国・ASEAN 雑食性
B級LogBook
ポンポコ研究所
always over ...
南の島で暮らしたい!!
makan-makanan
気になるシンガポール+α...
渋滞日記
Starbucks World
ポンポコ研究所(アジアのお酒)
渋滞日記Ⅱ 
eat! eat! eat!

カテゴリ

weblog
digital
旅日記
バンコク生活
プーケット旅日記
イサーン日記
Singapore
B級グルメ
健康メモ
食べ物
見聞読
Diving
Diving INDEX
家族旅行
ゲーム
物欲記
ニュース
バカニュース
過去Log
水中デジカメ
脱力!
index
タイ 家族旅行
Laos 旅日記
シンガポール家族旅行
Cooking
日本家族旅行
日本旅行

タグ

(234)
(231)
(104)
(83)
(57)
(48)
(40)
(38)
(28)
(25)
(21)
(17)
(16)
(15)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

以前の記事

2016年 12月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
more...

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
オヤジ

画像一覧