<   2009年 01月 ( 54 )   > この月の画像一覧

ワット・チャロンのお祭り



歩くのはまだまだ覚束ないのであるが
バイクに乗っては移動できるので
チャロン寺院で行われている市場へと出かけてきた

アパートのあるパトンからはどうやっても山越えになるのだが
比較的なだらかなカロン経由で出発である
チャロンまでは30分もかからないのであるが
お祭り開催中は、普段の駐車場は閉鎖されて
裏にある空き地が臨時の駐車場となるため
寺院の入り口をはるかに通り過ぎたところから
一方通行で誘導されてしまうのである

a0002177_11412520.jpg


寺院から見れば横の通路から入ることになるのだが
このあたりにもさまざまな店が並んでいるのである

a0002177_11414739.jpg
     サトウキビジュース屋


a0002177_11421256.jpg

a0002177_11425436.jpg
     タマリンドの店


a0002177_11433097.jpg

a0002177_11442130.jpg
     各種 おかず屋


a0002177_11444887.jpg
     すし屋  (笑)

で、やっと正面玄関まで到着である
a0002177_1145232.jpg


ここからが表参道になるのであるが、すごい人なのだ
a0002177_11455326.jpg

a0002177_11462165.jpg


さらに各種露店が続いていくのであった
a0002177_11464650.jpg

a0002177_1147996.jpg

a0002177_11473116.jpg

a0002177_11475614.jpg

[PR]
by kaonoi | 2009-01-31 19:37 | プーケット旅日記 | Trackback | Comments(8)

1月26日 カールソンズはちょっと残念



ぎっくり腰は三日目にしてかなり回復し
注射はせずに、飲み薬だけでしのいでいる

本来であればクルーズに出かけているはずの日なので
まったく予定も無いため、迷惑を顧みずマリクエに押しかけている
朝飯は前日の残りで済ませたのだが
昼食くらいはまともに食べたいと、カールソンズへと出かけた

a0002177_13434331.jpg


通常、昼間はダイビングばかりしているため
カールソンズにランチメニューがあることは
まったく知らなかったのである
a0002177_13434631.jpg


ただ、朝食メニューのような内容だったため
私のオーダーは、シーフード・スパゲティにしたのだ
a0002177_1344989.jpg


これが海鮮いっぱいの、超豪華版であったのだが
なんだかしょっぱくて、いまいちなのである
同じパスタでも、カルボナーラとかはおいしいのだが
なかなか完璧にはいかないものである


昼食後、マリクエに戻って 新しく始まった
飛行機を沈めた場所へのダイビングの説明を受ける
体調が戻れば、ぜひ行きたいものなのだが・・・
a0002177_13444468.jpg

[PR]
by kaonoi | 2009-01-30 11:37 | プーケット旅日記 | Trackback | Comments(8)

1月25日 海鮮料理屋でステーキ?



病院から帰って一眠りした後、マリクエまで顔を出す
本来ならば私も参加するはずだったクルーズ出発で
スタッフも大忙しだったのである

そんなわけで、ひとまずマッサージ屋に退避したのだ
と言っても、腰の具合が悪いのでタイマッサージとかはできないため
腰をかばって歩くためパンパンになっているふくらはぎを中心に
弱めに揉んでもらうと言う情けなさである (笑)

7時過ぎになって、クルーズ留守番部隊と食事に行くことにした
相変わらずよちよち歩きなので、あまり遠出はできないため
バングラ通りのチェンライ・シーフードへと出かけたのである

a0002177_1312259.jpg


さすがに旧正月時期とあって、店も結構 混んでおり
日本人や東洋人の姿も多く見られたのである
a0002177_13124698.jpg



今回、晩飯を食べるにあたって 某マリクエ社の某さやかイントラが
「どうしても肉が食いたい」と言い張ったため
なんとシーフード屋でビーフ・ステーキと言うオーダーである

a0002177_1313552.jpg


まぁ、本人の満面の微笑を見れば 誰も文句をいえないのだ (笑)
ちなみに、ソースが既製品っぽいのを除けば
肉の焼き加減も柔らかさも、十分合格点だと言うことである
a0002177_1313333.jpg


その他に頼んだものは、いつもと同じメニューである

a0002177_13135626.jpg
     海鮮のヤム (タイ風シーフードサラダ)

これはマリクエ社のタイ系日本人社員 アコちゃんが「激辛で・・・」と
純粋な日本人に遠慮することなく注文したため
まさに火が出るほどの辛さなのであった (笑)

a0002177_13141612.jpg
     トートマン・クン (えびすり身揚げ)


a0002177_13144280.jpg
     ムートーカティアム・プリックタイ (豚肉ニンニク胡椒揚げ)


a0002177_1315696.jpg
     ラープ・ムー (豚挽き肉・イサーン風)


a0002177_13173020.jpg
     えびの炭火焼


a0002177_1316058.jpg
     パックブン・ファイデーン (空芯菜炒め)
[PR]
by kaonoi | 2009-01-29 13:09 | プーケット旅日記 | Trackback | Comments(4)

季節外れの月餅はドリアン味



予期せぬぎっくり腰で、すべての予定が狂ってしまったのであるが
とにかく薬と注射で痛みを抑えつつ一夜を明かしたのである

朝方になると、薬の効き目が切れているようで
ベッドから起き上がることもできず
横に転がって、落ちるような形でやっと立ち上がるのだった

もちろん、普通に歩くことは不可能で
何かに伝い歩きというか、支えがないと立っていられないほどであった

前日世話になった大家が部屋まで来て
コルセットをしたほうが良いといい始めて
車を用意しているのであった

私自身はそれがいいのか悪いのかわからないので
言われるまま車で連れて行かれたところは
前日の病院のすぐそばにある
プーケット・インターナショナル病院であった

ここも大きな総合病院で、正月から数えて
プーケットの3大病院制覇という
うれしくない記録更新であった

車から降りると、すぐ車椅子を用意されるのは前日同様だが
この病院では日本語通訳はいないため
すべて英語でのやり取りとなった

当日は日曜日だったので、担当医は13時からのようで
午後から出直すか、そのまま待つかといわれたのだが
出直すにもまた車を手配する必要があったため
そのまま階下のキャンティーンで時間をつぶすことにした

a0002177_12554856.jpg


このキャンティーン、主に従業員用の設備であるため
まったくのタイ料理メニューしかなく
それも安いけどまずいという、典型的なものだった

a0002177_12559100.jpg


魚のカレー煮はタイ特有の臭みがあって
まったく一口も飲み込めず、もうひとつのスープも
冷たくて味がしないのであったのだ (笑)

この場所で2時間ほど時間をつぶしていたら
従業員の昼食時間のようで、だんだんと混んできてしまい
他の場所へと移動を余儀なくされてしまったのだ

で、レセプションのそばにあった「S&P」のカフェへと移動した
a0002177_12563782.jpg


ここはベーカリーメニューもあったのだが
よく見てみると、時期はずれの月餅とかが置いてあり
久しぶりなので買ってみたのである (^^)
a0002177_12555618.jpg


結構大きめなサイズだったので、もらったスプーンで割ってみると
なにやらかぐわしい香りに包まれたのである・・・・・

そう、餡がドリアンなのであった
a0002177_12572515.jpg


予想していればともかく、体調も思わしくないときに
ドリアン月餅はさすがに口にできないので
あわてて他のものを探したのであった

もっとも、車椅子で探せる範囲なので限られてはいたのだが
何とか無難そうなものが見つかったので、それを購入
a0002177_12565836.jpg


包装にはエクレアと書いてあったが
日本で言うミニ・シュークリームである
a0002177_12582495.jpg


その後、1時前になって携帯に電話が入り
医者がやってきたので診察ということになった

診察の結果は、前日と同様 骨には異常が無く
骨を支える筋肉が弱っているという診断で
コルセットとかは不要ということであった

ただ、まだ相当痛むということなので
痛み止めの筋肉注射打たれ、薬をもらって帰ったのである
a0002177_12575553.jpg

a0002177_12581938.jpg


相変わらず痛みが続いていたのであるが
自宅に帰って一眠りした後は、注射の効き目からか
少しずつ歩けるようにはなってきたのである
[PR]
by kaonoi | 2009-01-28 13:41 | プーケット旅日記 | Trackback | Comments(8)

ぎくっ!    り腰 

24日の朝である

前日は、これまでの疲れのためか
夕食用に買ったものを冷蔵庫へ入れたまま
死んだように眠ってしまい、
気がついたら朝の5時過ぎだったのだ

さすがにこんな時間に何をすることもできないので
改めて寝なおしたのだった

10時過ぎにマリクエに顔を出し朝食を取りにいったのだが
デジカメを忘れたので画像はなしである

その後1時過ぎまでマリクエで時間をつぶし
村上嬢と昼食へ出かけることにした

出かけたのは 日本人経営の洋食屋 ブレイク・ポイントだ

a0002177_14271267.jpg

私の注文は、バーガーステーキ(ハンバーグ)に目玉焼きをつけてもらい
別にご飯を頼むという ロコモコ丼もどきである

a0002177_14274489.jpg


デミグラスソースはついているのだが、野菜サラダを頼み忘れてしまった (笑)


村上嬢は コルドンブルーを頼んでいた
a0002177_14303011.jpg


普通コルドンブルーといえば、カツの間にチーズが挟まれたものだが
ここのやつは、チーズとハムを肉で包んで揚げた、ボールのようであった


食後はアパートに帰り、翌日出発のクルーズに備えて
デジカメの電池を充電したり、オーリングの手入れをしていたのである

で、床に置いたバッテリーを取ろうと、腰を曲げた瞬間
ピリッという感覚とともに腰に激痛が走ったのである

そのまま立ち上がることも座ることもできないまま
中腰でそろそろとベッドまで移動して
枕を抱えるようなかたちでベッドに寄りかかり
痛みが引くのを待っていたのだが・・・・

まったく状況は改善する気配が無いため
携帯で階下の大家に連絡して、医者まで車を出してもらったのだ

もちろん、階段を下りるのも一苦労であった

a0002177_1438204.jpg


マリクエの村上嬢に電話して、日本語のわかる病院を教えてもらい
出かけていったのはバンコク・プーケット病院であった

日本語通訳の方はすでに帰宅されていたのだが
電話で状況を話すことができ、保険処理や病状の説明など
とても助かったのであった

病院ではすぐにレントゲンを撮り 骨には異常が無いと確認できたため
痛み止めの注射と薬をもらったのであった
a0002177_14421764.jpg

a0002177_14425033.jpg



帰宅しても食事に行くことさえできないため
前夜買っていて、手付かずだったおかずを温めて
晩飯にしたのである
a0002177_1444324.jpg
     ラープ・ムー 
[PR]
by kaonoi | 2009-01-27 12:53 | プーケット旅日記 | Trackback | Comments(12)

1月23日 プーケット行き

翌日から旧正月休暇が始まるシンガポールだが
前日の23日は、ほとんどの企業が休業もしくは半ドンである
うちの会社は日本側の理解が得られないので
現地の者は午前中、日本人である私は終業まで事務所にいる
といっても、電話一本入ってくるわけではないので
ひたすら時間の過ぎるのを待っているだけである (笑)

今回のフライトは、SQの子会社シルクエアなので
前日中にチェックインを済ませてあるため
終業と同時に空港へと向かったのである

a0002177_1431689.jpg


今回も時間的に格安航空会社が利用できなかったため
値段が二倍のシルクエアになってしまった
たった1時間半の行程なので、4万円近い値段は
ちょっと痛いのであった

a0002177_1434527.jpg


シルクエアは機内食が出るため、空港の待ち時間は飲み物だけで済ます
実は新しいカフェとかができていたので
そちらの列に並んでいたのだが
支払いがUS$のやつが、おつりもUS$にしろとか言い合っていて
埒が明かないため、隣のキリニーで買ったのだ

おかげで、飲み物代は1/3で済んだのだが (笑)


飛行機は夕方のラッシュ時に当たったため15分ほど遅れて出発
水平飛行になったらすぐに機内食が配られる
この日のメニューは、チキンのパスタか魚とライスという2種類
a0002177_1441069.jpg


パスタがペンネというのは想定外だったが
まぁ、うそではないので仕方が無い (笑)

この日の風向きは東からだったようで
プーケット着陸は珍しく海側からのアプローチになる
そのため、チャロン港を右手に見ながら
パトン湾へと抜けていったのだ

a0002177_1443655.jpg


さすがに、このくらい高度を落としていると
パトンタワーやロイパラのタワーがよく見えるのだ

飛行中に遅れを取り戻したのか
プーケットには定刻に到着した
われわれの到着直前に、香港からのドラゴン・エアも着いており
入国は久しぶりにすごい列であった

a0002177_145946.jpg


外に出てみると、ハイシーズンっぽい人の多さなのだが
本来この時期に増える中華系より白人が多いように感じられたのだ

この日は、ナイスダイブのなべさんとセントラルで落ち合い
自慢のiPhoneを見せてもらったりしてあとパトンのアパートへと帰ったのだ
[PR]
by kaonoi | 2009-01-26 14:05 | プーケット旅日記 | Trackback | Comments(6)

恭喜發財 新年快楽 


  恭喜發財 新年快楽


a0002177_2157443.gif



    丑年 あけましておめでとうございます

    25日からシミラン・クルーズに出かけるつもりで
    ぷーけっとにきているのですが
    ぎっくり腰になってしまい、どこにも行けません
    皆様にとって、いい年になりますように・・・・

    いててててて・・・・・ (泣く)
[PR]
by kaonoi | 2009-01-26 00:00 | weblog | Trackback | Comments(10)

大掃除・・・

日本だと歳末に当たるこの時期、事務所の机まわりも片付けるのだ
もっとも、半年くらい開いてない戸棚とかもあるので
変な物(エイリアンとか)が飛び出してこないか おっかなびっくりだったりする

a0002177_14295711.jpg

今回発掘されたレアものは、このケーブルである

メーカーはカシオで、用途はデジカメから画像を取り出すためだ

a0002177_14314451.jpg


デジカメ黎明時、メモリーはカメラ本体に内蔵されており
この最初のデジカメ QV-10 では96枚の画像が保存できた(2MB)
で、その画像をPCやマックに取り込むソフトやケーブルは別売りだったのだ

上記のケーブルはシリアル端子につないで取り込むわけだが
1回に2~30分かかった記憶がある(記録枚数に左右される)

しかも、作成される画像ファイルが.camと言う特殊なjpegファイルで
そのままではWEBなどで使えないという
今では考えられない仕様だったのである

もっとも、発掘できたのはこのケーブルとなぜかACアダプターで
これは問題なくゴミ箱行きで 糸冬 了! なのだが

問題はもう一つ出てきた物である

a0002177_14545769.jpg


ソニー マビカ MVC-FD7 と言う、40万画素(4百ではない) 10倍ズーム
フロッピーに記録という ある意味画期的だった機種だ


a0002177_1525017.jpg


購入したのは12年前の1997年、当時のPCやマックは
フロッピードライブが付いていることが当たり前だったので
画像を直接フロッピーに記憶するこの機種は
使い勝手の良さで人気だったのである

が・・・・  その大きさたるや「弁当箱」と言われても仕方がないほどで
現在のデジカメと比べれば、その巨大さが改めて感じられるわけだ


で、12年前のこのデジカメ いまだに稼働しているのだ
問題は、記録したフロッピーディスクを読み取れるドライブがない事である (笑)
a0002177_158426.jpg


残念なのは、この時代のPCがHDDなどに余裕がなかったり
外部記憶デバイスが限られていた時代だったので
このデジカメで撮った画像が残っていないことである

と言うか、フロッピーなので常に消しては撮り消しては撮り・・と
繰り返していたような記憶があるのだ


当時、外部記憶メディアとしてはフロッピー全盛で
大容量ストレージとしては MO (MDではない)、ZIP などがあったのだが
日本以外ではあまり普及していないMOは入手できず
100MB (GBではない)の ZIP を使っていたのである

ZIPドライブ

今となっては、ドライブを入手するのも困難なのである
(アイオメガの通販で買えるようだが・・・・・)

フィルムカメラも・・・・
[PR]
by kaonoi | 2009-01-25 20:03 | Singapore | Trackback | Comments(8)

新年につき 営業時間に要注意

シンガポールのショッピングセンターやフードコートはほとんど無休だが
唯一 旧正月時には休みになるので要注意である
a0002177_14225034.jpg


階下のフードコートも、下記のように営業時間が変わる

1月25日 (旧暦大晦日)  午後3時に閉店
1月26日 (旧暦 元旦)   休業
1月27日 (旧暦 二日)   休業
1月28日 (旧暦 三日)   午前10時開店~午後10時まで
1月29日以降         平常通り

これがホーカーセンターの個人ストールとかコピティアムだと
1週間以上休む場合もあるので、要注意である

ローカルフード
[PR]
by kaonoi | 2009-01-24 13:17 | weblog | Trackback | Comments(2)

リレー系極小セミ魚眼レンズ

毎月数冊のカメラ誌を購読している
a0002177_11184896.jpg


水中写真専門誌である「マリンフォト」は値段の割に記事がしょぼいので
たまにしか買わないのである
まぁ、コンテスト入賞者から金を取って展示するという
意味不明のシステムも 一般の写真誌読者から見れば噴飯物だ

で、一般デジカメ専門誌と言うべき「デジタルカメラマガジン」に
クマノミの写真が見開きで掲載されていた
a0002177_1125281.jpg

撮影者は 永嶋奏子氏で 使用機材は下記の通りだ
      ・キヤノンEOS30D用ハウジング 「X-2 for EOS30D」
      ・S-TTLオート外部ストロボ 「Z-240」x2
      ・“リレー系極小セミ魚眼レンズ”試作品

最後の「リレー系極小セミ魚眼レンズ」というのが、この写真のミソで
撮影風景の画像を見て吹き出してしまったのである
a0002177_11304867.jpg


この一眼ハウジングから飛び出しているのがそのレンズらしいのだが
見方によっては、ハウジングに槍でも突き刺さっているかのようである (笑)
a0002177_11351816.jpg


私自身は、水中デジカメは見た魚を記録すると言う用途だけで
こんなじゃまくさい物を持って入る気は更々無いのであるが
使用機材を見て、某 フラプッチ女史と同じ事に気がつき
密かに購入されることを期待しているのである  (^^)

まだ試作品らしいが、詳細はイノンのブログで公開されているようだ

    イノンの夢 (プロジェクトイノン~本物への挑戦~)
[PR]
by kaonoi | 2009-01-23 11:39 | 水中デジカメ | Trackback | Comments(14)


17年住み慣れたシンガを離れ 新たにバンコク、さらに イサーンでの生活開始


by kaonoi

プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

春も近くになってしまいま..
by うめこ at 10:47
kaonoiさん、こんに..
by 高兄 at 18:43
時々更新が途絶えてたのは..
by lee_makan at 05:18
おろ! それは大変な田..
by tanukidaponta at 19:55
何時再会!
by bossba at 14:46
タイの人はいつ頃から辛い..
by lee_makan at 01:20
王妃様、国民のお母様的存..
by bossba at 03:07
ポン太所長、こんにちは:..
by kaonoi at 08:07
bossbaさん、こんに..
by kaonoi at 08:05
ブンを積むのか、宣伝なの..
by tanukidaponta at 06:20
これがお葬式! 招待状..
by bossba at 18:14
tadano_butaさ..
by kaonoi at 10:33
こんばんは。 こういう..
by tadano_buta at 22:23
bossbaさん、こんに..
by kaonoi at 08:33
ポン太所長、こんにちは:..
by kaonoi at 08:31

最新の記事

ブログ更新終了のお知らせ
at 2016-12-31 19:19
Nikon Coolpix ..
at 2015-08-17 07:02
ASUS fonepad 7..
at 2015-08-15 07:08
7月11日  雨宿り
at 2015-08-14 07:02
Nikon Coolpix ..
at 2015-08-13 07:02
王妃誕生日(母の日)
at 2015-08-12 07:08
Cybershot DSC-..
at 2015-08-11 07:06
5月22日 高僧の葬儀 3
at 2015-08-10 07:02
8月8日  晴れたり降ったり
at 2015-08-09 07:06
5月14日 嫁の実家(マハ・..
at 2015-08-08 07:02
5月22日 高僧の葬儀 2
at 2015-08-07 07:02
危険と隣り合わせ?
at 2015-08-06 07:02
5月22日 高僧の葬儀
at 2015-08-05 07:01
サイアム・バナナ?
at 2015-08-04 07:03
5月14日 マハ・サラカム へ
at 2015-08-03 07:03
7月31日 ブルームーン
at 2015-08-02 07:11

エキサイト以外のブログ

最新のトラックバック

ホテルの朝食@ヴィエンチ..
from ポンポコ研究所
南翔饅頭店
from ポンポコ研究所
茶梅のパッケージがリニュ..
from 台北永康街の長順名茶のスタッ..
6/5 ロイエット県スワ..
from バックパッカー日記
リトルインディアの剪刀剪..
from 気になるシンガポール+α b..

フォロー中のブログ

バックパッカー日記
香港・中国・ASEAN 雑食性
B級LogBook
ポンポコ研究所
always over ...
南の島で暮らしたい!!
makan-makanan
気になるシンガポール+α...
渋滞日記
Starbucks World
ポンポコ研究所(アジアのお酒)
渋滞日記Ⅱ 
eat! eat! eat!

カテゴリ

weblog
digital
旅日記
バンコク生活
プーケット旅日記
イサーン日記
Singapore
B級グルメ
健康メモ
食べ物
見聞読
Diving
Diving INDEX
家族旅行
ゲーム
物欲記
ニュース
バカニュース
過去Log
水中デジカメ
脱力!
index
タイ 家族旅行
Laos 旅日記
シンガポール家族旅行
Cooking
日本家族旅行
日本旅行

タグ

(234)
(231)
(104)
(83)
(57)
(48)
(40)
(38)
(28)
(25)
(21)
(17)
(16)
(15)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

以前の記事

2016年 12月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
more...

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
オヤジ

画像一覧