タグ:マリン・パーク ( 57 ) タグの人気記事

2013/12/30(月) - 3 Dive No.661 - シャークポイント [マリンパーク]

三本目はピピ島を離れて、マリンパークまで戻り
シャークポイントで潜る

実はこの前週まではサメ(トラフザメ)祭だったらしいのだが
前日に潜った O氏によると、影も形もなかったそうだ (^^;

エントリーするとすぐクマノミである

a0002177_1639561.jpg


見たものとさかなたち
[PR]
by kaonoi | 2014-02-01 07:07 | Diving | Trackback | Comments(2)

2011/08/12(金) - 1 Dive No.628 - Koh Dokmai [MarinePark]

今回のプーケット行きは もちろんダイビングが目的だ
元シンガポール駐在員で、現在はバンコク駐在のO氏と待ち合わせ
ロイヤル・パラダイスホテルの前で車を待つ

a0002177_21254994.jpg


時期的に日本人観光客が多いのだが 韓国からの旅行者も多く
タイ語に堪能なO氏が聞くともなく聞いていたら
ピックアップ担当のタイ人が 顧客リストを見て
「何で 全部 Kim なんだ・・・」と、ぼやいていたらしい (笑)

ピックアップは10分ほど遅れたのだが、これはこの会社の通例で
特に驚くほどではない (笑)

a0002177_2125369.jpg


港について 船に乗り込み出航である


でホワイトボードに客の人数が書かれるのだ
a0002177_21252838.jpg


これはタンクの充填のためなのだが
下の二行はノンダイバーとフリーダイブの客なのでタンクは使わない

つまりこの日のダイバーは13人の客と8人のガイドという
非常に恵まれた船だったのである


今回のサービスは Nice Dive Phuket 社
ガイドはO氏お気に入りの小菅久未華イントラである

使用した船会社は Kamala Dive Centre で船はシミラン・プリンセス号だ

a0002177_2125167.jpg


この日の予定はマリンパーク方面の3ダイブで
最初のポイントは ドクマイ島である


a0002177_2125958.jpg
          ハシナガチョウチョウウオ



a0002177_21245921.jpg
          コラーレ・バタフライフィッシュ



a0002177_21244645.jpg
          リスベキア・プルケラ (イロウミウシの仲間)



a0002177_21242831.jpg
          穴の中で腹だけ見せているバンブーシャーク



a0002177_2124687.jpg
          ケショウフグ



a0002177_2123527.jpg
          スカンク・アネモネフィッシュ



a0002177_21233776.jpg
          多すぎて気持ち悪い キイロウミウシの集団



a0002177_21232843.jpg
          キイロウミウシと卵



a0002177_21232164.jpg
          ダイビングを終え 船を待つ


船に上がると 一路シャークポイントを目指し ドクマイ島を後にする
a0002177_2123107.jpg

[PR]
by kaonoi | 2011-08-18 09:31 | Diving | Trackback | Comments(2)

2011/05/02(月) - 3 Dive No.624 - Koh Dokmai [MarinePark]

3本目のダイビングは、プーケット方面に戻って ドクマイ島である

向かう途中 ちょっと雲行きが怪しくなってきた
a0002177_1227028.jpg


もっともポイントに付いた頃には、晴れてきたのだ

a0002177_12275422.jpg


このポイントは断崖絶壁の島のまわりを潜る ウォールダイブだ


で、エントリーした直後に見たのは

a0002177_1229299.jpg

巨大なバラクーダだった



a0002177_1230014.jpg
          スミツキトノサマダイ(インド洋型)



a0002177_12303871.jpg
          タキゲンロクダイ



a0002177_1231589.jpg
          コクテンフグ



a0002177_1232288.jpg
          渡辺社長



a0002177_12325521.jpg
          スカシテンジクダイ



a0002177_123326100.jpg
          アカオビハナダイ



a0002177_1234350.jpg

以上でこの日のダイビングはすべて終了であった

船上で機材とかを片付けながら 他のダイバーが上がってくるのを待つ

a0002177_1235364.jpg



ピックアップが終わると、一路 チャロン港へと帰還である
途中で朝も見たロナルド・レーガンを見たり
a0002177_12361746.jpg



イージスレーダーを持つミサイル駆逐艦 USS Preble, DDG-88 を見たり
a0002177_12372418.jpg


のんびりとログ付けしながら 港へと到着だ

a0002177_1237599.jpg


Diving Log
[PR]
by kaonoi | 2011-05-19 10:02 | Diving | Trackback | Comments(0)

2011/05/02(月) - 2 Dive No.623 - Shark Point [MarinePark]

この船で3本潜る場合、昼食は1本目の後に出る

a0002177_1225145.jpg

a0002177_123536.jpg


なんだか茶色一色のぶっかけ飯だ (笑)


二本目のサイトは、シャーク・ポイントだ
ただ、鮫が出るかどうかは時の運なので
ここは確実に狙える 4種類のクマノミを押さえておきたい


a0002177_1253431.jpg
          トマト・クラウンフィッシュ(成魚)



a0002177_1261561.jpg
          トマト・クラウンフィッシュ (幼魚)
幼魚の目印は頭部に白く輝く Everyday、カチューシャである



a0002177_1284062.jpg
          二番目はインド洋の固有種 スカンク・アネモネフィッシュ



a0002177_1294255.jpg
          三番目はカクレクマノミである



a0002177_12104320.jpg

a0002177_1211338.jpg


小魚の群れに混じって、サワラやナンヨウカイワリ、オニアジなど
ビュンビュン来るのだが、速すぎてなかなか撮れない (笑)



a0002177_12123887.jpg
          クマノミ最後は 普通のクマノミ 実はこれが一番難しい (笑)

Diving Log
[PR]
by kaonoi | 2011-05-18 09:49 | Diving | Trackback | Comments(0)

2011/05/02(月) - 1 Dive No.622 - King Cruiser [MarinePark]

今回は二日間ダイビングに行く予定だ
で、初日はマリンパーク方面へ3ダイブの予定である

今回お願いしたサービスは Nice Dive Phuket
ガイドは なんと社長の渡辺さん自らの出陣だ

ボートはカマラ・ダイバースのシミランプリンセス号
これももうおなじみの船なのだが、最近故障が多いと聞いて
ちょっと心配なのである


朝のピックアップは、バディであるbangla-diverさんが逗留されている
ロイヤル・パラダイスホテルのロビーだったが
なんとソンテウで迎えに来たのだった

この日は朝方小雨模様なので、トラックの荷台に載る形式の
ソンテウじゃなくて、普通のバンが良かったのになぁ (笑)

途中 ミレニアム・リゾートのピックアップに手間取り
(このホテル、ロビーが二カ所ある)
予定より15分ほど遅れで港に到着だ


すぐボートに向かって 乗船後直ちに出発となった

前夜食事をしていた時 バングラ通りのバーに
「Walecome U.S.Navy」という垂れ幕を見たので
島影に軍艦がいると思う・・・とか話していたら
島影ではなく前方に軍艦が見えた

その時はずいぶん小さく見えたのだが、近づくにつれてはっきりしてきた

a0002177_11294581.jpg

アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦 USS Fitzgerald, DDG-62 である

そのうち、左手奥に全通飛行甲板を持つ船が見えた・・・・って回りくどい言い方なのだが
いわゆる空母の形なのだ ただ、ここプーケットによく来るのは
実は空母(航空母艦)よりも 海兵隊を移送する任務の強襲揚陸艦が多いからだ

ちなみに両者は遠目にはほとんど区別か付かないため
ずっと強襲揚陸艦だと思っていた
間違ったことを言いましたすみません > 各位

で、実際は 日本での津波救援業務を終えた
ニミッツ級原子力空母 USS Ronald Reagan, CVN-76 だったのである
a0002177_1139242.jpg



その後、ボートの上では軽食が用意され
トーストやフルーツで到着までの時間を過ごしていく
a0002177_11405380.jpg


さすがにゴールデンウイークで 日本人客がすごく多く
ダイビングデッキは足の踏み場もないほどであった

a0002177_11414281.jpg


ダイビングデッキにある ホワイトボードには
当日のゲストとガイドの人数とかが書いてある

ガイドが12人、ゲストが30人である
これは当日日本人ショップが多く 少人数制の店も増えたためだ
ウォークインで街のカウンターとかで申し込むと
ガイド一人に客5人と言う可能性もあるので
事前にショップへ連絡して申し込んだ方が、快適なのは間違いない


最初のポイントは、沈船キング・クルーザーである

a0002177_11452841.jpg


いやはや 圧倒的な魚の量だ
この日はキンセンフエダイとタイワンカマスの混成部隊が多く
どこに行っても魚の壁で、先が見えなくなるほどだ

a0002177_1147264.jpg


加えて、この日のキンクルはかなり透明度がよく
安全停止中も15m下の沈船で潜るダイバーが
はっきり見えたほどである

a0002177_11482961.jpg


このポイント通常は10m以下の透明度
悪い時には1mさきも見えないと言うことが結構あるので
決してビギナーにお勧めできる場所ではないのだが
白人は沈船好きというか・・・
けっこうヘタッピイが紛れ込んでくるので要注意である


a0002177_11502162.jpg


Diving Log
[PR]
by kaonoi | 2011-05-17 07:48 | Diving | Trackback | Comments(0)

2010/12/29(水) - 3 Dive No.615 - シャークポイント [マリンパーク]

ダイビング3本目は シャークポイントである

a0002177_1551879.jpg


通常は灯台のある1の根からエントリーするのだが
この日ははるか離れた 2の根からのエントリーだ
ちなみに2の根は水中のカクレ根なので見えないのである


こういう場合、普段からコンパスを見る習慣がないと
自分がどこから潜るのかがわからなくなるので
できれば船上から場所が確認できる方がありがたいのだが
このときは、キャプテンの判断がどんぴしゃりであったのだ

a0002177_15543478.jpg


なんとエントリーして水底に着くと、目の前にトラフザメなのだ (^^)

その後、後続のダイバーが集まってきて
おそらく逃げちゃうだろうなぁ・・・・と思ったら
案の定 泳いで行ってしまったのである

a0002177_1605482.jpg






a0002177_1613138.jpg
          1枚の画像に3種類のクマノミ(トマト、スカンク、カクレ)



a0002177_1623461.jpg
          タイガーテイル・シーホース



a0002177_1633014.jpg
          ずっと追いかけっこをしていたハリセンボン







a0002177_164139.jpg
          カクレクマノミ








サメ三昧で大満足の一本だった

a0002177_16583.jpg


で、船に戻って驚いたのは
我々が上がった時点で まだエントリーしていない客がいたことだ
いくら50人以上の客がいると言っても
1時間以上遅くなるのは異常だとおもわれる

そのおかげで、船が港に戻ったのは真っ暗になった7時過ぎなのだ

Diving Log
[PR]
by kaonoi | 2011-01-12 09:59 | Diving | Trackback | Comments(4)

2010/12/29(水) - 1 Dive No.613 - ドクマイ島 [マリンパーク]

プーケット二日目は ダイビングである
しかも 前日の飛行機ディレイのおかげで 早起きが辛いのに
今回の船会社は ピックアップが早いのだ (笑)

ダイビングサービスは いつもの Nice Dive Phuket
船会社は 今回初めて使う Andaman Ocean Safari

で、ガイドはマリクエを卒業した クミカなのだ (^^)

a0002177_2319940.jpg


今回の船はけっこうな大型船で、客は50人ほどなのだが
十分スペースがあるので快適なのだ

もちろん、最近のプーケットではスタンダードとなっている
ホテル並み朝食も 付いている
a0002177_23315691.jpg

a0002177_23322696.jpg


実はちょっとフラゲ(フライング・ゲット)気味だったので
まだおかずがそろう前の写真である


で、この日は3本潜る日程だったのだが
1本目は 一番近い ドクマイ島だ

さすがに50人も乗っていると、ダイビングエリアはそれなりに混む
しかし、客のほとんどが正月気分のためか
あまり焦った様子がないので、いつも我々ナイスダイブチームが
一番はじめのエントリーになってしまうのだ (^^;

a0002177_23391326.jpg
          ドクマイ島は魚だらけ


a0002177_23522694.jpg
          ハシナガチョウチョウウオ



a0002177_2357776.jpg
          何かのウミウシ(しかもピンぼけ)



a0002177_2358073.jpg
          インディアンバガボンド BF



a0002177_23583596.jpg
          ケーブの中に漂うクミカ嬢

この島にはいくつかのケーブ(洞窟)があるので
水中ライトは必須なのであるが、すっかり忘れていた (^^;
おかげで ライト無しではこんな画像になるのだ



a0002177_23593358.jpg
          ケーブの中から 外を撮る



a0002177_095416.jpg
          ストロボを焚くと 浮遊物が写ってこんな感じだ



a0002177_011563.jpg

クミカがスレートに「ビキニ」と書いたので まわりを見渡すと
上の写真のおばさんであった (笑)
熱心にマクロ系の写真を撮っているようだったが
寒くないのだろうか?
         


a0002177_0114818.jpg
          おなじみ「必ず撮っちゃう、ミナミハコフグの幼魚」 しかも1cmにも満たない小型



a0002177_0122172.jpg
          今回あちこちで見かけた ニシキフウライウオ
ただし、ゴースト祭りは1本目に限るようで
後日 3本目に潜った渡辺社長はあまりいなかったと言うことだ



a0002177_0134944.jpg
          チョウチョウコショウダイのちょっと大きくなりかけ




これにて 1本目の終了である

Diving Log
[PR]
by kaonoi | 2011-01-10 10:16 | Diving | Trackback | Comments(4)

2010/03/20(土) - 3 Dive No.597 - シャークポイント [マリンパーク]


2本目のダイビングが終わると昼食である

何しろ25分で上がってきているので
他のグループより一足先に食べ始める (笑)
a0002177_1681358.jpg


実は今回使ったSSDという会社の昼食
プーケットでも12を争う不味さである (笑)
と言うか、全般的に味がないのだ

不思議なことに同じレストランにオーダーしている他社の船は
そこそこおいしいと思うのだから、予算をけちっているのだろう
a0002177_16123214.jpg

真ん中左側のカレーは、以前もあったグリンピースが異常に多い奴だ
こんなの誰が好むんだろうか?
しかも 鶏の唐揚げは途中で無くなってしまい
NiceDiveのYukikoイントラが泣きそうだったのである
(実は、角に一個残っていて 笑顔が戻っていたが・・・)      

a0002177_161597.jpg

飯はいまいちだが、ソフトドリンク無料はこの会社のメリットだ
ただだと 普段は飲まない ミリンダとかに挑戦する (笑)


食後は船を移動させ シャークポイントと言うところで潜る
昨年はいつでもトラフザメが見られた場所だが
今年はあまり見かけないらしい

a0002177_16174487.jpg
a0002177_16175955.jpg
      コブシメ



a0002177_1621173.jpg
      相変わらず後ろ向きのシーホース



a0002177_16215960.jpg
      サビウツボ



a0002177_16223382.jpg
      オニカサゴ




以上でこの日のダイビングは終了である
その後は1本目に潜ったドクマイ島の横を抜けてチャロン港へと急ぐ
a0002177_1624936.jpg


港へ到着したのは夕方5時であった
3本潜った割には早かったという印象である
a0002177_16251082.jpg



帰りの桟橋バスは、ソンテオスタイルのトラックであった
a0002177_1626862.jpg


Diving Log
[PR]
by kaonoi | 2010-03-27 20:11 | Diving | Trackback | Comments(6)

2010/03/20(土) - 2 Dive No.596 - キングクルーザー [マリンパーク]


二本目は沈船ダイビングである

午前中はけっこうな波だった海も、べた凪になっていた
a0002177_22423026.jpg

風も収まって国旗もだらりと  (笑)

さすがに水面から船までは見えなかったものの
下に行くとどんどんクリアになってきた
a0002177_2240413.jpg



浮遊物が多いのはキンクルでは致し方がない
a0002177_22403156.jpg



Ayakoさんが指し示す先にいたアオスジハタ
a0002177_224052100.jpg



しかし、指し示していたのはハタではなかったのだ (笑)
a0002177_22411545.jpg
      ハタにのしかかられていた ヘリゴイシウツボ



a0002177_2241471.jpg
      コラーレバタフライフィッシュ


このポイントは深い上に、流れが強いうので
いつも30分以内に上がることにしている
私のダイコン(シチズン)が、DECOりやすいと言う理由もあるが・・・

で、安全停止を終え 水面に向かうと 水面直下を群れが泳いでいた
a0002177_22432833.jpg

最初はオキザヨリかと思ったのだが、画像を拡大してみると
下顎のみが長く、先端が赤っぽいので センニンサヨリのようだ

a0002177_22441495.jpg

ダイビング時間25分と短いため
他チームに先立って船に上がっていたら
続々と帰ってくるのが水面からも見られたのだ

普段の濁り具合からは考えられない 良いコンディションだった

Diving Log
[PR]
by kaonoi | 2010-03-26 22:22 | Diving | Trackback | Comments(4)

2010/03/20(土) - 1 Dive No.595 - ドクマイ島 [マリンパーク]


前日の夜便で到着だが、翌朝6時に起きてダイビングである
a0002177_21242940.jpg


と言うのも、今回のダイビング 初日はSSD(サウスサイアムダイバース)の船で
この会社はパトン地区 7時半のピックアップなのである

昔は7時間が当たり前だったダイビングの集合時間も
最近は8時という船が多くなっており
たまにSSDに乗ると、必要以上に早く行ってしまうのだ (^^;

a0002177_2139415.jpg


ボートの発着するチャロン港もまだ人気が少ない感じなのだった


a0002177_2140189.jpg

いつものように桟橋バスで船まで行くと
NiceDivePhuketが誇る美女ガイド二人が
船へと向かっていたのであった  (^^)


いざ船に乗り込んでみると、これがけっこうな混み方なのだ
a0002177_2142178.jpg


沈船、リーフ、ウォールとタイプの違う3本がセットなので
人気があるようなのであった


さて、一本目はウォールダイビングの ドクマイ島からである
潮見表ではけっこうな流れが予想されるのであった

a0002177_21435497.jpg
      まずはウミウシである



a0002177_21442681.jpg
      サビウツボ



a0002177_21471191.jpg
      ヘリゴイシウツボ



a0002177_21474869.jpg
      タツノオトシゴの仲間 ピンぼけの上にむこう向き (^^;

ちなみに、わたしの場合良い写真を撮ろうとか 綺麗の撮ろうとか言う考えはなく
ピンぼけでも尻切れでも写っていればいいのだ (ログ代わりなので)
逆に、ムキになって写真を撮っている人には
できるだけそばに近づかないようにしているくらいだ (笑)

a0002177_2215433.jpg
      ニシキフウライウオ  実は2匹いる

このニシキフウライウオ、普段は頭を下に逆立ちしているのだが
あまりに流れが強かったため、普通に泳いでいたのである
まぁ、あまり泳ぐのに適した体ではないようだが


a0002177_2241011.jpg


以上で一本目 終了・・・のはずだったのだが
目の前の船がどんどん先へ行く
つまり我々は船のすぐそばに上がったのだが
反対側に上がるダイバーを先に収容していくようで
延々15分も波の上に放置されたのであった

いや~ ドラクエでも持って行けば良かった

Diving Log
[PR]
by kaonoi | 2010-03-25 17:48 | Diving | Trackback | Comments(2)


17年住み慣れたシンガを離れ 新たにバンコク、さらに イサーンでの生活開始


by kaonoi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新のコメント

春も近くになってしまいま..
by うめこ at 10:47
kaonoiさん、こんに..
by 高兄 at 18:43
時々更新が途絶えてたのは..
by lee_makan at 05:18
おろ! それは大変な田..
by tanukidaponta at 19:55
何時再会!
by bossba at 14:46
タイの人はいつ頃から辛い..
by lee_makan at 01:20
王妃様、国民のお母様的存..
by bossba at 03:07
ポン太所長、こんにちは:..
by kaonoi at 08:07
bossbaさん、こんに..
by kaonoi at 08:05
ブンを積むのか、宣伝なの..
by tanukidaponta at 06:20
これがお葬式! 招待状..
by bossba at 18:14
tadano_butaさ..
by kaonoi at 10:33
こんばんは。 こういう..
by tadano_buta at 22:23
bossbaさん、こんに..
by kaonoi at 08:33
ポン太所長、こんにちは:..
by kaonoi at 08:31

最新の記事

ブログ更新終了のお知らせ
at 2016-12-31 19:19
Nikon Coolpix ..
at 2015-08-17 07:02
ASUS fonepad 7..
at 2015-08-15 07:08
7月11日  雨宿り
at 2015-08-14 07:02
Nikon Coolpix ..
at 2015-08-13 07:02
王妃誕生日(母の日)
at 2015-08-12 07:08
Cybershot DSC-..
at 2015-08-11 07:06
5月22日 高僧の葬儀 3
at 2015-08-10 07:02
8月8日  晴れたり降ったり
at 2015-08-09 07:06
5月14日 嫁の実家(マハ・..
at 2015-08-08 07:02
5月22日 高僧の葬儀 2
at 2015-08-07 07:02
危険と隣り合わせ?
at 2015-08-06 07:02
5月22日 高僧の葬儀
at 2015-08-05 07:01
サイアム・バナナ?
at 2015-08-04 07:03
5月14日 マハ・サラカム へ
at 2015-08-03 07:03
7月31日 ブルームーン
at 2015-08-02 07:11

エキサイト以外のブログ

最新のトラックバック

ホテルの朝食@ヴィエンチ..
from ポンポコ研究所
南翔饅頭店
from ポンポコ研究所
茶梅のパッケージがリニュ..
from 台北永康街の長順名茶のスタッ..
6/5 ロイエット県スワ..
from バックパッカー日記
リトルインディアの剪刀剪..
from 気になるシンガポール+α b..

フォロー中のブログ

バックパッカー日記
香港・中国・ASEAN 雑食性
B級LogBook
ポンポコ研究所
always over ...
南の島で暮らしたい!!
makan-makanan
気になるシンガポール+α...
渋滞日記
Starbucks World
ポンポコ研究所(アジアのお酒)
渋滞日記Ⅱ 
eat! eat! eat!
エキサイトブログCAFE

カテゴリ

weblog
digital
旅日記
バンコク生活
プーケット旅日記
イサーン日記
Singapore
B級グルメ
健康メモ
食べ物
見聞読
Diving
Diving INDEX
家族旅行
ゲーム
物欲記
ニュース
バカニュース
過去Log
水中デジカメ
脱力!
index
タイ 家族旅行
Laos 旅日記
シンガポール家族旅行
Cooking
日本家族旅行
日本旅行

タグ

(234)
(231)
(104)
(83)
(57)
(48)
(40)
(38)
(28)
(25)
(21)
(17)
(16)
(15)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

以前の記事

2016年 12月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
more...

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
オヤジ

画像一覧