タグ:ラチャ・ノイ ( 25 ) タグの人気記事

2011/05/03(火) - 2 Dive No.626 - North Point [Racha Noi]

ラチャ・ノイ 二本目のダイビングは 北の端 ノース・ポイントである


a0002177_1112044.jpg


先にエントリーしたチームの姿が、ずっと見えるほど透明度が高い・・・・
と思ったのだが、水中ではサーモクラインに悩まされる



a0002177_11133569.jpg
          ハナミノカサゴの幼魚 



a0002177_11163594.jpg
          アカヒメジ 



a0002177_1117598.jpg
          ミスジチョウチョウウオ(インド洋型) 



a0002177_11174095.jpg
          墨付きチョウチョウウオ(インド洋型) 



a0002177_11182193.jpg
          インディアンバガボンド・バタフライフィッシュ 



a0002177_1119356.jpg
          クロハコフグ(雄) 



a0002177_11193847.jpg
          モルディブスポンジスネイル  



a0002177_11201596.jpg
          イボウミウシの仲間 (極小)

 
ダイビングを終え 他チームのエキジット待ちの間に
水面写真を撮ってみた
 
a0002177_1123984.jpg

 
a0002177_11232780.jpg


ラチャ・ノイはきれいで良いんだけど 水中はけっこう浮遊物が多かったなぁ
 

Diving Log
[PR]
by kaonoi | 2011-05-21 09:19 | Diving | Trackback | Comments(2)

2011/05/03(火) - 1 Dive No.625 - Banana Bay [Racha Noi]

ダイビング2日目だ

この日のボート会社は All 4 Diving と言うところで
パトンエリアのピックアップは 7時半と 前日より30分早くなっている

まぁ 集合場所までは徒歩15分ほどなので
途中にある Patong Dimsam によって飲茶である

a0002177_1026348.jpg
          ちょっとオーダーしすぎ

残念ながらタイの飲茶は決してレベルが高くないので
あまり期待しない方が無難である (笑)

パラダイスホテルのロビーで bangla-diverさんとピックアップを待っていたら
ボート会社のお姉さんが迎えに来た・・・が
車がいすゞのミュー7なのである (7人乗り RV車)

NiceDiveのナベ社長から、今日は人が多いと聞いていたが
どうやらピックアップの車も足りなくて、臨時に頼んだようである
しかもこの車赤ナンバー(臨時ナンバー)の新車で
社内にはDVDの設備とかあって、エリッククラプトンのコンサートとかを流していた

とまぁ、この時点までは実に快適だったのだが
ピックアップにホテルを回っていくうちに、どんどん乗って来て
最終的には 9人を乗せて チャロン港へと向かったのであった


a0002177_10331999.jpg


All 4 Dive の船は 以前他社で使っていた シミラン・クイーン号なだ
この船は大きくて速度が速いと一押しではあるのだが
唯一の欠点は、エントリーするダイビングデッキが高く
上からドブンと飛び降りる形なのである
つまり、エキジットの時も けっこう高く上らないといけないので
体重過多の私には、ちとつらい船だ (笑)

a0002177_1037818.jpg


で プーケットで一番早く、豪華な朝食を出した船でもある
飲茶を食べていた私だが、せっかくなのでいただいたのだ (^^)

a0002177_10383039.jpg


チャロン港を出た船は 一路南へと進路を進めるのだが
右手にビッグ仏陀も見えるのであった


a0002177_10441153.jpg


この船も引率ガイドとゲストの人数が表示されている
いやはや けっこうな数なのであった・・・


最初のポイントは、ラチャ・ノイ 北島の東側 バナナ・ベイからだ

a0002177_10464799.jpg
          ドクウツボ



a0002177_10471849.jpg
          ニセフウライチョウチョウウオ



a0002177_1048066.jpg
          コラーレバタフライフィッシュ



a0002177_10484913.jpg
          タテヒダイボウミウシ


 
a0002177_10494794.jpg


残念ながらラチャ・ノイの場合、大物が出ないと寂しいダイビングになってしまう
次はノースポイントなので、そちらに期待だ

Diving Log
[PR]
by kaonoi | 2011-05-20 10:08 | Diving | Trackback | Comments(2)

2010/02/16(火) - 1 Dive No.593 - アオ・マイセブン [ラチャ・ノイ]


さて、他のゲストがダイビングを終え船に上がってきたら食事である
a0002177_2256586.jpg


船酔いで1本目をキャンセルした私は
あまり食欲もなかったので、ほんの少しだけ食べたのであった
a0002177_22581665.jpg


ちなみにご飯の右上にある麺状のものは
パット・ママー (炒公仔麺)という、インスタントラーメンを炒めたものだ
日本と違って、焼きそば的な種類はないので
普通の即席麺を焼きそばにするわけである

つまり、超デンプン質な昼食だったわけだ (^^;

一本目(他のゲストには2本目)のポイントは アオ マイセブンである
リーフと砂地のポイントなのだが、目はどうしても沖の中層を見てしまう (笑)


a0002177_23251080.jpg
      ミスジチョウチョウウオ (インド洋型)



a0002177_23255962.jpg
      インディアン・ダシュラスとミツボシクロスズメダイ



a0002177_23265385.jpg
      トライアンギュラー・バタフライフィッシュ



a0002177_23273855.jpg
      サンゴの奥のカエルアンコウ



a0002177_23384836.jpg
      カエルアンコウ色違い

このサンゴには3匹のカエルアンコウがいたわけだが
奥に入っているとカメラのピントがなかなか合わなくて困る


a0002177_23421850.jpg
      カエルアンコウを撮影している、AYAKOイントラ



a0002177_2343959.jpg
      ニシキフウライウオだが 奥のオオスジヒメジが邪魔である

こういう場合、ヒメジが逃げるまで待てばいいのだが
後ろに写真待ちのダイバーもいっぱい居たので
さっさと引き上げである

まぁ、それほど写真に執着がないので
写っていれば満足なのだ


a0002177_23473100.jpg
      ツノキイボウミウシ 誰も撮らないこういうのは意外と好きである


と言うわけで、マンタは出ずに終了であった

Diving Log
[PR]
by kaonoi | 2010-02-27 10:23 | Diving | Trackback | Comments(6)

2009/09/20(日) - 2 Dive No.578 - バナナ・ベイ [ラチャ・ノイ]


水面で15分以上待たされたのち ボートに上がると昼食が待っていた

a0002177_15454619.jpg


この日は客とスタッフで40人を超える大盛況だったため
昼食も何回かに分けて出てくるほどだったのである

こういう時にキッチン付きのボートはありがたいのである

昼食後は湾内で2本目のダイビングとなる
タンク位置の関係で、今回も1番目のエントリーだ

後ろの方から某D○社長のF中さんが「タイワンカマスを逃がすなよ・・」と
声を掛けてきてくれたのだが、その通り エントリーした瞬間には
タイワンカマスの囲まれていたのであった

a0002177_15562933.jpg





a0002177_1632243.jpg


ダイバーを怖がらないため、どんどん近づいてくるのだが
光り物なのでストロボが反射して上手く撮れない (笑)



a0002177_16344069.jpg

同じく人間を怖がらない ジャワラビットフィシュ



すると 枝サンゴの奥でなにかオレンジ色のものが動いている
a0002177_16412071.jpg
      イロブダイの幼魚  コンデジではこれが限界?



a0002177_164984.jpg

そして再び タイワンカマスに囲まれる・・・・



a0002177_16521265.jpg
      枝サンゴの上では ミスジチョウチョウウオ (インド洋型)



a0002177_1659431.jpg
      スミツキトノサマダイ (インド洋型)



a0002177_1711574.jpg

ラチャ・ノイの海は 透明度は高いのだが
ちょっと魚の数がヤイに負けているのが残念だ


a0002177_1722271.jpg


で、2本目も水面で待たされたのであった (笑)

Diving Log
[PR]
by kaonoi | 2009-09-27 17:50 | Diving | Trackback | Comments(0)

2009/09/20(日) - 1 Dive No.577 - バナナ・ロック [ラチャ・ノイ]


8月から肺炎を患っていたため、最後まで迷っていたのだが
あまりに暇なので 1日だけダイビングをすることにした

お願いしたのは前回同様 Nice Dive Phuket
使用するボートは Kamala Dive Center の シミラン・プリンセス号だ

最近のプーケットはダイビングショップのピックアップ時間が遅くなっており
このカマラも、パトン地区は8時になっている
もっとも、実際に来たのは8時15分くらいだったのだが・・・・

と言うのも、日本のシルバー・ウィークとイスラム圏の断食明けが重なり
プーケットもけっこう賑わっていたためだ
しかも、今回のボート 客全員が日本人であった (笑)

a0002177_192542.jpg


今回の目的地はラチャ・ノイ島である

2週間前までは大荒れだったらしいのだが
この日の海は、ハイシーズン並みに穏やかで
ほとんど揺れや風もなく 順調に進んでいった


1本目のポイントは バナナ・ロック ガイドは前回同様
オランダ人のAlwin である
今回 指定されたタンクが船尾だったため
必然的に一番先に飛び込むことになる

a0002177_19504991.jpg


若干 白っぽい濁りがあるものの 透明度は20m超だ

ただし、ラチャ・ヤイに比べると魚の種類が少ない


a0002177_20165349.jpg

キノコのような奴 名前はぜんぜんわからない (^^;



a0002177_20183678.jpg
      ヨスジフエダイ



a0002177_2019357.jpg
      アカヒメジ



a0002177_2021042.jpg
      トライアンギュラー・バタフライフィッシュ



a0002177_20232649.jpg
      ドクウツボ



a0002177_20243138.jpg
      インディアンヴァガボンド・バタフライフィッシュ



a0002177_2026112.jpg

イソギンチャクの下にいた蟹

今回のガイド Alwin は 実に目が良くて
小さな魚やエビ、蟹などを見つけてくれるのだが
こちらが老眼のため、なかなか追従できないのだ (笑)


a0002177_20301654.jpg
      エイブルズ・エンジェルフィッシュ



a0002177_2033717.jpg
      コブシメ

サンゴの色と溶け合って、なかなか判別しづらい




a0002177_20371839.jpg

もちろん近寄ればOKだ


で、ダイビングを終え浮上すると船が遠い
どうも反対側から収納しているようなのだが
さすがに40人のダイバーを引き上げるには
相当な時間が掛かってしまっていて
最初に飛び込んだわれわれは、ずいぶん水面で待つハメになったのであった

Diving Log
[PR]
by kaonoi | 2009-09-26 20:24 | Diving | Trackback | Comments(0)

2009/08/13(木) - 2 Dive No.573 - バナナ・ロック [ラチャ・ノイ]


1本目が終了すると昼食である
a0002177_21211735.jpg

パスタに焼きそば?、カレーにサラダ・・・・
妙に炭水化物が多いような気も・・・・ (笑)

a0002177_2121539.jpg


茶色ばかりで色合いに乏しいのだが 
食後にサラダと取ったので、栄養的にはまずまずであった (かな?)


a0002177_21231840.jpg


このラチャ・ノイ島は ホテルやリゾートのあるラチャ・ヤイと違い
無人島なので生活排水などで海が汚れていない
そのため、この日は透明度が30m~40mと
ミクロネシア並みに抜けていたのである


で、この日は体験ダイバーやリフレッシュなどのゲストも多かったため
2本目も同じバナナ・ベイで潜るようだが
われわれファンダイバーチームは、少しポイントを変えて
岩場の方へ向かったのである

a0002177_21284936.jpg
      ミゾレチョウチョウウオ



a0002177_21293418.jpg
      ドクウツボ



a0002177_21373919.jpg
      イロブダイの幼魚 大きさは1.5cmくらい



a0002177_21393415.jpg
      ラチャ・ノイ名物 ザトウクジラに見える岩



a0002177_21401929.jpg
      はがきサイズのヤッコエイ


以上で2本目終了である
a0002177_21422930.jpg


今回使った シミラン・プリンセスという船は
さほど大きくはないのだが、なかなか使い勝手が良い

ただ、船尾両側にあるラダーの間に
潜り込み防止のガードがないのはちょっと気に掛かる

Diving Log
[PR]
by kaonoi | 2009-08-21 23:51 | Diving | Trackback | Comments(0)

2009/08/13(木) - 1 Dive No.572 - バナナ・ベイ [ラチャ・ノイ]


プーケット到着の翌朝 すぐにダイビングである

この日の予定は、カマラ・ダイブセンターの船で
ラチャ・ノイ、ラチャ・ヤイ 3ダイブ なのだ
船自体は以前も使ったことがあるのだが
そのときにはオペレーションする船会社が違っていたので
用心のため、軽く朝食を食べておく
a0002177_17212994.jpg


実はアパートの前に朝だけ出る飲み物屋台なのだが
トーストとかも作ってくれるのだ

もっとも、船に乗ってみると ちゃんと朝食もあったのだが・・・・
a0002177_17224185.jpg



今回利用したカマラ・ダイブセンターは
以前 沈飛行機ポイントで使用したのだが
飛行機ポイントの閉鎖される夏場は、
チャロンからラチャやピピに船を出している


a0002177_1725888.jpg
      途中で見える、ラチャ・ヤイ島

と言うわけで、最初に目指すのは
ラチャ・ヤイのさらに南 ラチャ・ノイ島なのだ

そして11時を過ぎた頃 やっと1本目のエントリーである



a0002177_17273479.jpg
      いきなりタイワンカマスに囲まれる



a0002177_17281943.jpg
      根を大きく囲む、スカシテンジクダイ



a0002177_1729080.jpg
      ハナミノカサゴ



a0002177_17321531.jpg
      ハタタテダイ



a0002177_1745359.jpg
      タイワンカマスに囲まれる bangla-diverさん



a0002177_17462466.jpg
      ミスジチョウチョウウオ (インド洋型)



a0002177_17474736.jpg
      ブラックフィン・バラクーダ



a0002177_17482839.jpg
      ドクウツボ



a0002177_17485578.jpg
      ネッタイミノカサゴ



a0002177_17492784.jpg
      インディアンヴァガボンド BF と ガイドのAlwin



a0002177_17502718.jpg
      オニカサゴ (でかい)



a0002177_17512824.jpg
      スザクサラサエビ



a0002177_1752304.jpg

今回お世話になったカマラ・ダイブセンターの
シミラン・プリンセス号

Diving Log
[PR]
by kaonoi | 2009-08-20 09:18 | Diving | Trackback | Comments(9)

2008/12/30(火) - 2 Dive No.549 - アオ・マイセブン [ラチャ・ノイ]

さすがに60人近くが潜るとなると、エキジットも大変である
われわれのチームは湾内で上がったので
比較的早めに船に戻れたのだが
流れに乗ったチームは、水面でかなり待ったらしいのである

a0002177_2374991.jpg


さすがに人数が多いので、早く上がったものから昼食を取り
場所を交代しながら休息することになったのだ

二本目のポイントは、島の反対側なので岬を回って行くのである
a0002177_2311376.jpg


二本目も湾内からエントリーして、行けたら外のリーフまでという計画だ

a0002177_23242894.jpg
     エイブルズ・エンジェルフィッシュ


a0002177_23251596.jpg
     ミスジチョウチョウウオ (インド洋型)


a0002177_23302825.jpg
     ベニカエルアンコウ


a0002177_23323619.jpg
     コブシメ  3匹いる


a0002177_23342293.jpg
     イソモンガラ  あまり見かけない


a0002177_23365019.jpg
     タテヒダイボウミウシ


a0002177_23383757.jpg
     1cmに満たない 極小 モルディブスポンジスネイル

この日は一本目のイシヨウジと言い、このスポンジスネイルと言い
極小物に良く出会う日であった (老眼なので絶対に探さない)

a0002177_2343429.jpg
     カノコキセワタガイ科のウミウシ

上のウミウシはアオスジツバメガイに似ているが、分布が違うので別種だと思われる
いっぱい居てしかも動き回っていたので、ちょっと気持ち悪かった (笑)

その後浮上して船を待つのだが、外洋へ行っているようで
なかなか来なかったのである
a0002177_2348730.jpg


しかも、やはりダイバーピックアップに時間が掛かっており
港に帰り着いたのは、それから2時間半も後、午後4時半のことであった

a0002177_23503582.jpg


Diving Log
[PR]
by kaonoi | 2009-01-12 21:06 | Diving | Trackback | Comments(4)

2008/12/30(火) - 1 Dive No.548 - バナナベイ  [ラチャ・ノイ]

パトン到着翌日からダイビングである

実は最初の予定では この日は潜らず 翌31日から
潜りはじめる日程だったのである
しかし、バンコクでも落ち合った bangla-diverさんが
この日のダイビングで最終日と言うことを聞き
急遽一日繰り上げたのであった

a0002177_22534110.jpg


いつものようにマリクエに集合し、隣のファミリーマートで朝飯 調達だ (笑)
この日は冷凍シュウマイを蒸したものだが、そこそこ美味しかったのである

と、店の前にトラックが駐まり、機材の積み込みが始まったのだ
a0002177_230136.jpg


なにしろ、この日のマリクエ、お客さん21名 スタッフ6名でのダイビングで
ちょっとしたクルーズより大人数という状況だったため
客用のバンでは機材を積み込むことができないため
トラックチャーターだったのである

もちろんわれわれ客は送迎トラック(どっちにしてもトラック)で行ったのだ

a0002177_2332513.jpg


この日のボートはエデンダイバースの大型船だったのだが
乗客の半数がマリクエの客なのであった

つまり50人以上のダイバーが乗っているわけなので
ダイビングデッキは足の踏み場がないほどなのである
a0002177_23315428.jpg


もちろん、そんなときでも朝食は欠かさないのが信条だ (笑)
a0002177_23322856.jpg



この日のポイントはラチャ・ノイ島である
そのため、通常よりは時間が掛かるため ゆっくり準備ができるのであるが
さすがに60人近いダイバーなので、飛び込むのも順番待ちだ

で、今回のガイドは平成生まれ まだ19才のはやみ嬢
バディは bangla-diverさんと言うことである
とは言え、まだプーケットになれないはやみ嬢なので
どちらかと言えば3人のバディ・ダイブという感じだったのである

a0002177_2338277.jpg
エントリー直後の砂地で見つけた 7cmほどの極細 イシヨウジ

これだけで撮ると、細さがわかりにくいのが残念だ
次回はカードでも並べて撮ることにしよう


a0002177_23414872.jpg
     ヤッコエイ


a0002177_23463690.jpg
     ブラックフィン・バラクーダ

実はこのあたりでサーモクラインが発生しており
深場に行くとどんどん寒くなるので、ついつい岸に寄ってしまい
いつの間にか浅場まで戻ってきていたのである

まぁ、バナナ・ベイの深場はそんなに見所もないのと
相変わらずDECOが早いわたしのダイコンという先入観もあって
からだが浅場方向を向いてしまったのだが
はやみちゃんやbangla-diverさんには申し訳なかったのである m(_ _)m

a0002177_23514642.jpg
     コラーレ・バタフライフィッシュ


a0002177_23545929.jpg
     ドクウツボ


a0002177_23574032.jpg
     オニカサゴ  白い砂の上では 擬態になっていない・・


a0002177_06017.jpg
     モヨウフグ

今回 安全停止を使用とした場所には なぜだかモヨウフグがいっぱいで
安全停止中の人間に寄ってくるのであった
a0002177_081655.jpg

模様の似ているジンベイとかなら格段にうれしいんだけどなぁ


a0002177_093169.jpg
     平成生まれのインストラクター はやみ嬢

Diving Log
[PR]
by kaonoi | 2009-01-11 19:16 | Diving | Trackback | Comments(2)

2008/11/15(土) - 2 Dive No.541 - バナナベイ [ラチャ・ノイ]

1本目が終わると、船を移動させる
大物が見たいという客の言葉もあって、サウスチップの様子を見に行くのだが
さすがに波が高く流れも速いと言うことで
島の西岸を北上して、北島のバナナベイまで戻ってきた

つまり、南島をぐるっと一回りしただけなのだ (笑)


さて、一本目で水没した Fuji FinePix Z100 だが
海水にどっぷりつかって50分だったため
完全にお亡くなりになっていたのだが
メディアは真水で洗って乾かすことによって
何とか読み出すことができたのであった
a0002177_7435790.jpg



さて、1本目のあとは昼食である
a0002177_7452759.jpg


この船の食事やおやつは、ボート上で作るため
いつも熱々でうれしいのである  (^^)


で、2本目開始だ
a0002177_7472474.jpg
            50cmほどもあった アラレフグ


a0002177_7483038.jpg
            ドクウツボ


               オオイカリナマコ   めちゃくちゃ長い


a0002177_749035.jpg
            タテジマキンチャクダイ


a0002177_7492642.jpg
            ネッタイミノカサゴ


a0002177_7495639.jpg
            ミスジチョウチョウウオ  インド洋型


残念ながら大物は出なかったが透明度が高く楽しいダイビングだった
a0002177_751098.jpg


ただ、船が大きいため 操船が難しいのか
あまり浅場には来てくれないのがちとめんどくさい  (笑)
a0002177_752626.jpg


今回は、前回のようにシャワーの水が無くなると言うこともなく
広いキャビンでのんびり過ごしながら、帰港である

a0002177_753836.jpg


この日のおやつは パンケーキなので、ジャムやチョコレートなど
各自がおもいおもいのスタイルで頬張っていたようだ  (^^)

a0002177_7543398.jpg


港に帰ってきた時刻は4時55分と ラチャ・ノイまで行った割には早い時間だった




ところで、この船に見覚えのある日本人も多いのでは?
a0002177_7554590.jpg

1ヶ月前までは、日系大手 マリン・プロジェクト社の名前だったアクアーツ号
いつの間にかウエストコースト社の名前に変わっていた

詳細はわからないが、いろいろとありそうな感じである

Diving Log
[PR]
by kaonoi | 2008-11-22 10:37 | Diving | Trackback | Comments(2)


17年住み慣れたシンガを離れ 新たにバンコク、さらに イサーンでの生活開始


by kaonoi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新のコメント

春も近くになってしまいま..
by うめこ at 10:47
kaonoiさん、こんに..
by 高兄 at 18:43
時々更新が途絶えてたのは..
by lee_makan at 05:18
おろ! それは大変な田..
by tanukidaponta at 19:55
何時再会!
by bossba at 14:46
タイの人はいつ頃から辛い..
by lee_makan at 01:20
王妃様、国民のお母様的存..
by bossba at 03:07
ポン太所長、こんにちは:..
by kaonoi at 08:07
bossbaさん、こんに..
by kaonoi at 08:05
ブンを積むのか、宣伝なの..
by tanukidaponta at 06:20
これがお葬式! 招待状..
by bossba at 18:14
tadano_butaさ..
by kaonoi at 10:33
こんばんは。 こういう..
by tadano_buta at 22:23
bossbaさん、こんに..
by kaonoi at 08:33
ポン太所長、こんにちは:..
by kaonoi at 08:31

最新の記事

ブログ更新終了のお知らせ
at 2016-12-31 19:19
Nikon Coolpix ..
at 2015-08-17 07:02
ASUS fonepad 7..
at 2015-08-15 07:08
7月11日  雨宿り
at 2015-08-14 07:02
Nikon Coolpix ..
at 2015-08-13 07:02
王妃誕生日(母の日)
at 2015-08-12 07:08
Cybershot DSC-..
at 2015-08-11 07:06
5月22日 高僧の葬儀 3
at 2015-08-10 07:02
8月8日  晴れたり降ったり
at 2015-08-09 07:06
5月14日 嫁の実家(マハ・..
at 2015-08-08 07:02
5月22日 高僧の葬儀 2
at 2015-08-07 07:02
危険と隣り合わせ?
at 2015-08-06 07:02
5月22日 高僧の葬儀
at 2015-08-05 07:01
サイアム・バナナ?
at 2015-08-04 07:03
5月14日 マハ・サラカム へ
at 2015-08-03 07:03
7月31日 ブルームーン
at 2015-08-02 07:11

エキサイト以外のブログ

最新のトラックバック

ホテルの朝食@ヴィエンチ..
from ポンポコ研究所
南翔饅頭店
from ポンポコ研究所
茶梅のパッケージがリニュ..
from 台北永康街の長順名茶のスタッ..
6/5 ロイエット県スワ..
from バックパッカー日記
リトルインディアの剪刀剪..
from 気になるシンガポール+α b..

フォロー中のブログ

バックパッカー日記
香港・中国・ASEAN 雑食性
B級LogBook
ポンポコ研究所
always over ...
南の島で暮らしたい!!
makan-makanan
気になるシンガポール+α...
渋滞日記
Starbucks World
ポンポコ研究所(アジアのお酒)
渋滞日記Ⅱ 
eat! eat! eat!

カテゴリ

weblog
digital
旅日記
バンコク生活
プーケット旅日記
イサーン日記
Singapore
B級グルメ
健康メモ
食べ物
見聞読
Diving
Diving INDEX
家族旅行
ゲーム
物欲記
ニュース
バカニュース
過去Log
水中デジカメ
脱力!
index
タイ 家族旅行
Laos 旅日記
シンガポール家族旅行
Cooking
日本家族旅行
日本旅行

タグ

(234)
(231)
(104)
(83)
(57)
(48)
(40)
(38)
(28)
(25)
(21)
(17)
(16)
(15)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

以前の記事

2016年 12月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
more...

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
オヤジ

画像一覧