タグ:機材 ( 38 ) タグの人気記事

今回の購入品 (その参)

今回の日本行きは 一泊三日の弾丸出張だったため
買い物に費やす時間が余り取れず
どうしても衝動買い敵な物になってしまう

その最たる物が 下記のダイビング器材なのである

a0002177_12485061.jpg


自宅に置いていたBCDとかが 陽の当たる部屋だったためか
ゴムが劣化してきて 使用できるか実に怪しいため
思い切って新調というわけだ  (^^;

事前にダイビング雑誌を買って 量販店を探し
今回は新宿のMIC21で揃えてもらった

値段をとにかく安く・・・と言う前提なのだが
出来れば海外でもOH出来るメーカー・・・・という基準で
初めて使うアクアラング社製なのである

a0002177_1248449.jpg


BCDには 89250円 なんて値札が付いているが
もちろん、こんな値段で買ったわけではなく
重機材セット10万円なのであった (BCD、レギュレーター、オクトパス)


a0002177_12483716.jpg


レギュもアクアラングの奴だが セカンドステージが小さめなのと
ホースが柔らかいので使いやすそうであった (^^)

ただ、予算をけちった結果 通常使うAir 2ではなく
安いオクトになってしまったのは仕方がないのだ (^^;

a0002177_12483093.jpg



ついでにフィンも新調したのだが 普段使っているセイフミューは在庫が無く
せっかくだから違う奴・・・という事で TUSAのミューもどきである

a0002177_12481629.jpg


まぁ、ゴムフィンなら何でも良かったんだけどね
[PR]
by kaonoi | 2013-02-01 12:46 | 物欲記 | Trackback | Comments(6)

黒ハウジング流行か?

先日購入した オリンパス μ TOUGH-6000 だが
水中用のハウジングも一緒に購入した

a0002177_10585457.jpg

左側は旧世代の ミュー850swなのだが こちらのハウジングも未開封だ (^^;

で、オリンパスの新型はハウジングが黒くなっている
a0002177_1121215.jpg


もちろん、レンズ自体も28mm相当からの広角対応なので
ポート自体が二回りくらい太い
そのため全体的にハウジングも大きくなっているのだ

a0002177_1184166.jpg


ソニーのT700/T77用ハウジングも黒なのだが
これは裏側が全面液晶だから、液晶面だけ素通しにすればいいわけだ
オリンパスは、裏蓋側は通常の透明アクリルであるのは
おそらく、ボタンなどの表示が多少でも見えるようにと言う意味だろう

まぁ、水没の早期発見というメリットは透明な方があるかなぁ

a0002177_11115553.jpg

[PR]
by kaonoi | 2009-02-11 11:13 | 水中デジカメ | Trackback | Comments(2)

SCUBAPRO Classic Motion2

Classic Motion2と言うのは スクーバプロ社(通称 エスプロ)のBCDである
a0002177_7484452.jpg


実はエスプロのBCDはこれで3個目だ
その前はずっとマレスを使っていたのであるが
生地が厚くて丈夫という反面、重くて乾きにくいという欠点にまいったため
エスプロのスタビタイプに転換したのである

今はマレスを処分して エスプロだけしか持っていないのだが
わざわざこの機種を購入したのにはわけがある

現在持っているエスプロのBCDは Classic AdventureClassic Strider 2

Classic Strider 2は機能的にはまったく問題が無く
ポケットなども多くて使いやすいBCDである
反面、重量が1kg以上重くなっているのと
各種パットが浮力を持つため、ウエイトが多く必要になるのだ

この本体重量が重くなるのに、余計にウエイトを持たなければならないのは
腰の悪い私にはちと負担なのである

そんな訳で、背当ての部分や首まわりのパット
さらにはカマーバンドまで省略した Classic Motion2 は
重量軽減+ウエイト減少と二重にメリットがあるのだ

もっとも、現在私が使っているレギュレーターは
すべて Air2用にしているので まずはAir2を付けなければいけないのだが
それは予算が無くて来月くらいの予定である

進水式はまだまだ先になりそうだなぁ
[PR]
by kaonoi | 2008-07-10 08:09 | Diving | Trackback | Comments(2)

ハウジング 3種

デジタルカメラのモデルチェンジは、年2回が普通になっている
しかも毎回毎回 かなり大幅な仕様変更がある為
共用できるアクセサリーがどんどん減っているのが実情だ

実はその最たる物が、純正の水中ケース(ハウジング)である
a0002177_2212475.jpg


それぞれ PT-35がオリンパス μ 770sw
MPK-WBが ソニー CyberShot W80W200
EWC-120が カシオ Exilim EX-S10 用なのである
a0002177_2219070.jpg


この中で現役の新製品は Exilim EX-S10だけで
μ770、CyberShotとも、昨年の3~4月の発売機種なので
2世代前といえるのである

そのため、早めに手配しないとハウジングが市場から消えてしまうため
今回あわてて注文したというわけである

いや、実際に使うかどうかは髪の味噌汁 (神のみぞ知る)
[PR]
by kaonoi | 2008-04-08 22:29 | Diving | Trackback | Comments(0)

スーパーミュー 購入

以前から注文していた スーパーミュー が入荷した
a0002177_20121855.jpg


日本での販売価格は15000円前後らしいが
シンガポールで買っても S$210 と ほぼ同等である
前回購入したときは、日本で買ってシンガポールまで送ったのだが
ほとんど値差がないなら、わざわざ日本で買う必要は無さそうである (笑)

で、スーパーミューの特徴は ワープなみの推進力に加え
ポケット部を補強してあるため、壊れにくくなっているところが良いのだ
a0002177_20161996.jpg
          右側の白いのは ハード・ミュー

実際に比較してみると、ミューよりは長いので
狭い船とかだとちょっとジャマかもしれないが
シミラン・クルーズとかでは 全然問題ないため
しばらくはクルーズ専用になるかもしれない
a0002177_2020532.jpg



早く使って見たいものである
[PR]
by kaonoi | 2007-10-22 20:20 | Diving | Trackback | Comments(2)

WP-DC18 (PowerShot A650用ハウジング)

PowerShot A650 と同時発売だったハウジングだが
製造が遅れたため、カメラより一月遅れでやってきた
a0002177_014545.jpg



現在 メインで使っているのは
PowerShot A630 と WP-DC8 ハウジング なのである

これは、ハウジングのシャッター部が塩噛みしやすい点を除けば
ほぼ満点と言えるのであるが
水中で、塩噛みするというのも 有り得ないことで
構造的欠陥なのか、ハウジング自体が不良品だったのであろう

今回のA650は大きさ的には、全く変わっていないし
水中で1200万画素や手ぶれ防止はあまり意味を持たないため
WP-DC8 ハウジングさえもう一台手に入れば
問題なかったのであるが、どうしてもダメなのである

唯一在庫があった石丸電器の通販サイトは
海外発行のカードは受け付けないと言われ
キヤノン自体も、在庫はもう無いと言うことだったのだ

そんなわけで、別のセットが新たに揃うわけである
a0002177_0134089.jpg


PowerShot A630を陸上で使えば良いとも言えるのだが
最近は手首や腕の痛みが治まらないため
手ぶれ防止の入っていない機種は、使いたくないのである

大きささえ気にしなければ、実に素性のよい
良いカメラなんだがなぁ
なかなか思うようには行かないものである
[PR]
by kaonoi | 2007-09-30 00:17 | Diving | Trackback | Comments(0)

新機材到着!

現在私が使っている機材は下記の通りである

プーケットに置いてある物が
BCD SCUBAPRO クラシック・アドベンチャーTS
レギュレーター  TUSA RS-240

シンガポールにあるもの
BCD  マレス VECTOR 1000 AIRTRIM  VECTOR Chrome AIRTRIM
レギュ  マレス V16-J PROTON XL   MR12-J REBEL

今回、新しく クラシック・ストライダー2 と MK25AF/S600を購入した

これでマレスはお役後免になる予定である


前回購入した、クラシックアドベンチャーは、インフレーターホースが
左胸の位置から出ているため、ホースを使った排気はかなり不自然な姿勢になる
(水中で立ち位置になり、胸を反らせてホースを持ち上げる・・・)
加えて、AIR2を使っているのだが、ホースが短いため
使用中右を向けない (笑)

もう一つは、右腰の位置にある排気弁がないため
機材を洗ったときの配水とかが面倒なのだ


a0002177_14244459.jpg

新しい奴は、けっこうポケットが多くていい感じである
小型のライトや、ナイフなどは、胸のポケットに入れておけば
フロートの出し入れ時に落とすことも無さそうである
a0002177_14431075.jpg



カマーバンドもあるので、エントリー時の慌ただしいときに
ベルトをいちいち調整する手間も省ける


a0002177_14381554.jpg

アクアランドのレンタル用BCDでは、タンク取り付けが
マレスタイプに変更されたようであるが
今回のクラシック・ストライダー2では、旧来のS-プロタイプである

海外だけで潜る場合、タンクの大きさはあまり変わらないので
S-プロタイプでも問題ないと思うのだが
タンクの種類が変わることがある場合、マレスタイプの方が
調整しやすいのではないかと思う

まぁ、どちらにも対応できればいいのは当然なのだが・・・


レギュレーターは やっとの思いでS600にした
アルミ合金製はもっと高いのであるが、そこまでは予算がなかったのだ
a0002177_14442724.jpg



オクトはAIR2なので、実にすっきりしたレギュである
ただ、なぜかゲージだけはアクアラングが付いている (笑)
a0002177_1445426.jpg


さて、このセットをプーケットに持っていき
アドベンチャーはシンガポールに置く予定であるが
マレスはどうしよう・・・・

売って値段が付くものではないので
欲しい方にはお譲りしたいのだが
送料を掛けて送るのも面倒くさいので
ちょっと困ったことであるなぁ
[PR]
by kaonoi | 2007-06-25 14:47 | Diving | Trackback | Comments(13)

IXY Digital 900 IS

デジカメとハウジングを購入した
a0002177_14512479.jpg


キヤノンのIXY Digital 900 IS である


この機種、実は2台目である
エキサイトのブログ検索がさっぱり役に立たないの
いつ記事にしたかは忘れてしまっているが

新製品として発売されたときに
こんどのIXYは全部入り (手ぶれ防止、高感度、広角レンズ)と
勇んでオーダーした記憶がある

ところが、キヤノンは公にしていないが
一部の防水ハウジングに不具合があって
ヨドバシカメラで交換してもらったのである

その後、カメラはともかく ハウジングはまったく使用していなかったのだが
このところ使っている、PowerShot A630 が既にディスコンで
同じハウジングを使う PS A640は、ちょっと高いと言う感じなので
シンガポール用にキヤノンの機種が一台欲しかったのである

まぁ、正直に白状すると キヤノン以外ならゴロゴロするほど持っているし
(未使用ハウジングもイパーイ ある)
キヤノンも、このIXY 900ISのパワーショット版である
PowerShot A710 is と言うのを2組持っているのである

ではそれを使えよ・・・・と言う声が掛かるのは重々承知なのだが

キヤノンに限らず、乾電池 2本という仕様のカメラは
バッテリーのチャージが遅くて、水中での撮影間隔が長すぎるのである

私のようにチョウチョウウオを泳ぎながら撮るユーザーには
このチンタラしたバッテリチャージ時間は我慢できないため
2~3回使用しただけで、PS A630に代えた次第である

いや、この A710is 陸上では手ぶれ防止付き6倍ズームだし
画質は良いし、文句なしなんだけど・・・


で、IXYに戻ると 新発売の IXY-D 810IS と言うチョイスもあったわけだが
これだとズームレンズの広角側が35mm相当なので
ワイド&チョウチョウウオ派の自分には食指が動かない機種なのだ

そんなこんなで、二台目のIXY 900購入となったわけである

a0002177_13483831.jpg


既に一台目はハウジングにセットされている (笑)

実は今夜からダイビングに行く予定なのである  ヽ(´ー`)ノ
[PR]
by kaonoi | 2007-06-15 13:19 | digital | Trackback | Comments(2)

メッシュバッグ 各種

ダイビングの機材を入れるメッシュバッグなのだが
以前はGULLの奴を使っていた

ところが、このGULL スクエアメッシュバッグ というのは
大きいし、ポケットも多いし 便利なのであるが
日本でドライスーツを入れるのならともかく
プーケットで3mmウエットの場合には でかすぎて重いだけである

そう言うわけで、GULLはアパートに置きっぱなしで
実際に持って行くのは、 TUSA MB-5 と言うバッグを使っていた

ところが、プーケットのアパートからダイブショップまでは20分ほどの距離があり
重い機材を持って歩くのはちょっとしんどいため
リュックスタイルの機材バッグを購入してみた
a0002177_20271878.jpg

左の赤い奴が普通のメッシュバッグ MB-5で
真ん中が TUSA メッシュバックパック MBP-1 (残念ながら製造終了)
右側が S プロ メッシュ・サック(L)  である

a0002177_20303178.jpg


この両機種とも、ショルダーベルトで背中に担げるのだが
機材の出し入れは、ファスナー式のTUSAがだんぜん楽なのである
a0002177_2033295.jpg


Sプロの方は、一切ファスナーを使用せず
紐とマジックテープを使っているため
塩噛みしないと言う利点があるのであるが
機材を出し入れするのが、バッグの上面からだけなので
BCDにじゃらじゃら小物がついていると
出し入れするときにひっかったりし易いと思われる
a0002177_20355277.jpg


ちなみに、日本製のメッシュバッグは
上面のファスナーがコの字型に開くため
大きな機材も出し入れし易いのだが
海外のメッシュバッグは、一直線のファスナーなので
開口部が狭く、意外に不便である
[PR]
by kaonoi | 2007-04-11 20:37 | Diving | Trackback | Comments(2)

スーパーミュー

プーケットで潜っていると、日本人特有の機材というのを感じられる

ひとつは S-Proのスタビジャケットであり
もう一つがGULL製のフルフット・フィンである

かく言う自分も、昨年からスタビジャケットデビューしたのであるが
これについては、さほど拘りがあるわけではない
逆に、GULLのフィンについては 強いこだわりを持って履いているのである

そのGULLから、新しくスーパーミューというフィンが発売になった

実は、前回のダイビングで試してみたかったのだが
残念ながら間に合わず、GWのシミランがデビューとなりそうである
a0002177_22184993.jpg
          左から ワープ  スーパーミュー  ハードミュー

すべてMサイズなのであるが、スーパーミューは
ミューフィンよりはかなり長く、ワープよりは若干短い

プーケットのイントラさん達もワープやミューをよく使っているのだが
フットポケットの部分が切れることが多いようである
このスーパーミューは、足入れの部分が強化されているようであるが
実際に切れちゃうのは、その下側なので ちょいと視点がずれているかも
a0002177_22241584.jpg


まぁ、本当のことを言えば、もう少し短かったらありがたかったのだが
ワープと同じ推進力を出すためには、あまり短くはできなかったんだろうな

まぁ、ワープフィンより少し安いので
使い勝手が良ければ、全面的にシフトすることも考えよう
[PR]
by kaonoi | 2007-04-09 21:37 | Diving | Trackback | Comments(6)


17年住み慣れたシンガを離れ 新たにバンコク、さらに イサーンでの生活開始


by kaonoi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新のコメント

春も近くになってしまいま..
by うめこ at 10:47
kaonoiさん、こんに..
by 高兄 at 18:43
時々更新が途絶えてたのは..
by lee_makan at 05:18
おろ! それは大変な田..
by tanukidaponta at 19:55
何時再会!
by bossba at 14:46
タイの人はいつ頃から辛い..
by lee_makan at 01:20
王妃様、国民のお母様的存..
by bossba at 03:07
ポン太所長、こんにちは:..
by kaonoi at 08:07
bossbaさん、こんに..
by kaonoi at 08:05
ブンを積むのか、宣伝なの..
by tanukidaponta at 06:20
これがお葬式! 招待状..
by bossba at 18:14
tadano_butaさ..
by kaonoi at 10:33
こんばんは。 こういう..
by tadano_buta at 22:23
bossbaさん、こんに..
by kaonoi at 08:33
ポン太所長、こんにちは:..
by kaonoi at 08:31

最新の記事

ブログ更新終了のお知らせ
at 2016-12-31 19:19
Nikon Coolpix ..
at 2015-08-17 07:02
ASUS fonepad 7..
at 2015-08-15 07:08
7月11日  雨宿り
at 2015-08-14 07:02
Nikon Coolpix ..
at 2015-08-13 07:02
王妃誕生日(母の日)
at 2015-08-12 07:08
Cybershot DSC-..
at 2015-08-11 07:06
5月22日 高僧の葬儀 3
at 2015-08-10 07:02
8月8日  晴れたり降ったり
at 2015-08-09 07:06
5月14日 嫁の実家(マハ・..
at 2015-08-08 07:02
5月22日 高僧の葬儀 2
at 2015-08-07 07:02
危険と隣り合わせ?
at 2015-08-06 07:02
5月22日 高僧の葬儀
at 2015-08-05 07:01
サイアム・バナナ?
at 2015-08-04 07:03
5月14日 マハ・サラカム へ
at 2015-08-03 07:03
7月31日 ブルームーン
at 2015-08-02 07:11

エキサイト以外のブログ

最新のトラックバック

ホテルの朝食@ヴィエンチ..
from ポンポコ研究所
南翔饅頭店
from ポンポコ研究所
茶梅のパッケージがリニュ..
from 台北永康街の長順名茶のスタッ..
6/5 ロイエット県スワ..
from バックパッカー日記
リトルインディアの剪刀剪..
from 気になるシンガポール+α b..

フォロー中のブログ

バックパッカー日記
香港・中国・ASEAN 雑食性
B級LogBook
ポンポコ研究所
always over ...
南の島で暮らしたい!!
makan-makanan
気になるシンガポール+α...
渋滞日記
Starbucks World
ポンポコ研究所(アジアのお酒)
渋滞日記Ⅱ 
eat! eat! eat!

カテゴリ

weblog
digital
旅日記
バンコク生活
プーケット旅日記
イサーン日記
Singapore
B級グルメ
健康メモ
食べ物
見聞読
Diving
Diving INDEX
家族旅行
ゲーム
物欲記
ニュース
バカニュース
過去Log
水中デジカメ
脱力!
index
タイ 家族旅行
Laos 旅日記
シンガポール家族旅行
Cooking
日本家族旅行
日本旅行

タグ

(234)
(231)
(104)
(83)
(57)
(48)
(40)
(38)
(28)
(25)
(21)
(17)
(16)
(15)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

以前の記事

2016年 12月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
more...

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
オヤジ

画像一覧