タグ:DSC-HX1 ( 10 ) タグの人気記事

少画素 唯一の弱点 < Cybershot DSC-HX1

DSC-HX1 は900万画素のデジカメである

c0357964_14582291.jpg


現在、多くのメーカーがソニー製の裏面照射型CMOSを使っているのだが
実は この素子を一番初めに使い始めた(ソニーではない)カシオでさえ
1600万画素の素子を未だに使っているのに対して
ソニー自身は1800万画素から2000画素の1/2.3型素子を使っている

実は小さい撮像素子のカメラで、画素数が少ないのは決して欠点でもなく
1画素あたりのサイズが大きくなって、ノイズや暗所性能に優れているという利点もある

ただ、私のようなブログ中心のユーザーだと 唯一 スマートズームの
割合が小さくなってしまうという欠点があるのだ

このスマートズームというのは、要するにトリミングしたのと同じ理論で
900万画素中の500万画素を使うとか
2000万画素中の500万画素を使うとか言うやり方なので
元の画素数が大きければ大きいほど、望遠側の倍率が伸びるわけなのだ

c0357964_1458426.jpg
          広角端 28mm相当


c0357964_14575926.jpg
          20倍ズーム 560mm相当


c0357964_14575574.jpg
          スマートズーム 26倍 728mm相当



同じ20倍ズームを持つコンパクト機 DSC-WX300の場合
約2000万画素を持つ上に、2倍の超解像ズームという物もあって
元々スマートズームだけで37倍まで無劣化でいけるのに
劣化の少ない超解像ズームを入れると500万画素の設定では 75倍ズーム機になるわけだ
c0357964_14573258.jpg



もちろん、ズームレンズの焦点距離が HX1はf=5.0-100.0mm(28-560mm)
WX300は f=4.3-86.0mm(25-500mm)となっている カッコ内は35mm版換算値

c0357964_14572580.jpg
          広角端 25mm相当


c0357964_14571895.jpg
          20倍ズーム 500mm相当


c0357964_14571427.jpg
          スマートズーム 37倍 925mm相当


c0357964_14571170.jpg
          超解像+スマートズーム 75倍 1875mm相当

で、ここまで来ると被写体を手持ちで捉えるほうが大変になってくるため
手ブレとの戦いになってしまうのである

そうなると、倍率は低くてもファインダーのあるHX1の方が
使いやすいという理屈もあるのだ



c0357964_1457729.jpg
          WX300 86mmX超解像  1000mm相当



c0357964_1457431.jpg
          HX1 100mm  560mm相当

突然 親戚が・・・
[PR]
by kaonoi | 2015-05-17 07:02 | digital | Trackback | Comments(0)

これで20倍ズーム < Cybershot DSC-HX1


Cybershot DSC-HX1である

2009年のこの機種、先日発売になったニコンP900が 83倍ズームに比べ
たったの20倍ズームしか無いのである (笑)

つまり、同じソニーの DSC-WX300/WX350と、同じ倍率なのだ
c0357964_12123069.jpg


もちろん、EVFがあり、当時の高倍率機HX1と
コンパクトを目指したWX300を同列に扱ってもしかたがないのだが
まぁ、デジタルものに長く触っていると こういうジレンマは度々感じるわけだ

c0357964_12122535.jpg


しかも、当時としては画期的だったチルト式液晶は
液晶面を裏返すことができないので、傷防止にもならないのであった

c0357964_12122129.jpg


意外に実用的な画質
[PR]
by kaonoi | 2015-04-20 07:05 | digital | Trackback | Comments(4)

そろそろバッテリーが・・ < Cybershot DSC-HX1

2009年購入の DSC-HX1はそれまでのCCDから高速なCMOSへ
デジカメの撮像素子が様変わりする境目のモデルである
(まだ、裏面照射型CMOSではない)

ソニーはこのモデルで 高速連写での画像合成を打ち出し
同じ素子を使ったカシオがハイスピード(スローモーション)に力を入れたのに対抗し
差別化しているのが面白い

a0002177_14543410.jpg


もっとも、現行のモデルが2000万画素以上、50~65倍ズームなので
900万画素で20倍ズームというのはいかにも非力である

加えて、製造から5年も経っているため
バッテリー充電直後でも 目盛りが1つ下がっている始末だ

a0002177_14545061.jpg


幸い、本体購入と同時に予備バッテリーも購入していたため
同じ5年経っていても 予備の方は大丈夫そうだった

a0002177_14542335.jpg

a0002177_14542362.jpg


まぁ、だましだまし使うしかなさそうである

20倍ズームなので
[PR]
by kaonoi | 2014-10-21 07:03 | digital | Trackback | Comments(0)

懐かしデジカメ < Cybershot DSC-HX1

最盛期は5~6台持っていた ブリッジカメラ (ネオ一眼)も
現在は このDSC-HX1 と FZ200の2台だけになってしまった

a0002177_1793783.jpg


FZ200は昨年末に買ったもの (発売開始は一昨年)なので
もちろん現役なのだが
ソニーのDSC-HX1 は2010年のビーチバレー大会を最後に
ほとんど稼働すること無く死蔵していたのだ

a0002177_1785130.jpg



          →  SWATCH FIVB World Tour タイランドオープン
          →  SWATCH FIVB World Tour タイランドオープン その2



ちなみに2009年発売のこのカメラ、まだソニーがメモリースティックにこだわっていた頃で
SDカードとの両面スロット採用前のものである

a0002177_1940465.jpg



さすがの私も メモリースティックの手持ちは非常に少ない

a0002177_19393286.jpg


白い奴は、microSDを2枚差して 高容量MSに使えるアダプターである
(主にPSP向けに使われていた)

DSC-HX1 実写画像
[PR]
by kaonoi | 2014-09-16 07:08 | digital | Trackback | Comments(2)

8月11日 今年最大のスーパームーン

昨夜 (日付的には今日だけど) 午前1時頃(タイ時間)
満月が今年最大の大きさになるスーパームーンである

子供とかがいるため 深夜までは出歩けないので
前夜の22時過ぎに 家の軒下から撮ってみた

もうずいぶんカメラを処分してしまっており
ファインダー付きの高倍率カメラ(ブリッジカメラ)は
ソニーの旧機 DSC-HX1と、パナのDMC-FZ200の2台しか残っていない

a0002177_10121143.jpg


共に、最近のブリッジカメラのような高倍率ズーム(50倍とか60倍)は無く
画面いっぱいに月を捉えるには、デジタルズーム (超解像ズーム)か
スマートズーム (トリミングズーム)になってしまう

もちろん、ブログで使用するには劣化の関係ない スマートズームがお勧めなので
今回もその仕様で撮ったのであるが
手持ちでフレーミングするのが非常に難しかったのと
両機で撮った月の大きさを揃えるため、最後にPCでトリミングしている (^^;


まずはソニー DSC-HX1
a0002177_10115996.jpg
          1/800s   f/5.2   ISO 125  



次にパナソニック DMC-FZ200
a0002177_10115530.jpg
          1/1300s   f/4   ISO 100


出来上がった画像は、両者とも十分満足できるレベルなのだが (手持ち撮影)
実際には HX1が 2009年4月  FZ200が  2012年10月と
3年半というデジタルでは途方も無い年月の差があるので
手ブレ軽減機能の差とかで 撮りやすさにはかなりの差がある
それでも、いまだに実用的なHX1は かなり優秀なカメラだったのではないだろうか

価格コムとかの書き込みでは、FZ-200で採用されているバリアングルモニターが
HX1に使われているチルト式より人気があるわけだが
個人的にいは横位置で撮影するときに 左側に大きく目線が動くバリアングルよりは
縦方向に少し視線が動く、チルトアングルモニターのほうが使いやすい

もちろん、チルト方式は縦位置撮影には使えないため人気がないのだろうが
α55のように、下側に回転させるヒンジをつければ(強度的な問題がありそうだが)
もっと使いやすくなって嬉しいんだが・・・

普通の朝食
[PR]
by kaonoi | 2014-08-11 10:45 | イサーン日記 | Trackback | Comments(2)

COOLPIX P100 (その3)

COOLPIX P100 で使われている撮像素子はソニー製である
しかし、ソニーではこの裏面照射型CMOSを使ったネオイチは作られていない

実際には第一世代の裏面照射型CMOSでカシオがEX-FH25を、
第二世代ではこのP100以外にも 富士フィルムのHS10を出しているのに
本家のソニーでは 裏面照射型になる前の HX1 以来 出ていないのだ

と言うわけで、P100 を HS10と比較してみた

a0002177_10584612.jpg



この二機種 大きさも近ければ 構造もよく似ている
液晶モニターの可動する仕組みも同じようだ

a0002177_11344991.jpg



もちろん違う部分も結構あって
たとえばモードダイヤルと電源スイッチの位置が逆だったり
a0002177_11372756.jpg
          ニコン P100


a0002177_11375653.jpg
          ソニー DSC-HX1

しかもソニーが「ジョグダイヤル」 ニコンが「コマンドダイヤル」と呼ぶ
肩部分にあるダイヤルセレクターも、ソニーはプッシュスイッチ機能があったり
ちょっとだけ高級な作りになっている感じである

ちなみに価格コムの最低価格は P100が26,329円 HX1が36,999円である
(P100の兄弟機種 -撮像素子は違う- は なんと21,670円 )

例によって昼食で実写 (^^;
[PR]
by kaonoi | 2010-11-30 20:02 | digital | Trackback | Comments(2)

FinePix HS10 と DSC-HX1

最終的に悩んでいるのは FinePix HS10 と DSC-HX1である
a0002177_1752887.jpg
            左 DSC-HX1   右 FinePix HS10

この2機種 高倍率ズーム機であることは同じだが
詳しく見るとほとんどが対照的な思想になっている

たとえばズームは富士が手動、ソニーは電動
そのためバッテリーも 富士は単三型、ソニーはリチウムイオンだ

レンズの性能も、倍率を抑えて画質を追求したソニーと
24mm~720mm相当という30倍ズームを実現した富士では
そもそもの考え方に接点は見られない

ズームの望遠端では レンズの繰り出し量がかなり違うのだ
a0002177_17123565.jpg
a0002177_17143348.jpg
          FinePix HS10 720mm相当


a0002177_17132853.jpg
a0002177_17144923.jpg
          DSC-HX1 560mm相当


こうしてみると 望遠側の写り具合は 焦点距離の数字ほど差が見られない


逆に 広角側は FinePix HS10が24mm相当とかなり画角が広い
a0002177_1724152.jpg



ソニーのDSC-HX1は 28mm相当と 最近のデジカメでは標準的だ
a0002177_17253396.jpg


と言うか、この2機種 露出の違いが大きすぎるのだが?


  
[PR]
by kaonoi | 2010-10-30 17:44 | digital | Trackback | Comments(2)

サイバーショット HX1 (ひとふりパノラマ)

この サイバーショット DSC-HX1 と言う機種は
高速CMOSを造影素子に使っているため
色々おもしろい機能を持っている

フルサイズで1秒10枚の連続撮影
1回のシャッターで6枚の画像を合成する手持ち夜景撮影
さらには高速シャッターを使って合成するひとふりパノラマなどである

実はこのHX1以前に 同じ造影素子を使った機種がでているのだ
一つは高速撮影の カシオ EX-FC100
もう一つは 高コントラスト対応の リコー CX1である
これら3機種はそれぞれ違う方向へ進化しているのだが
共に高速造影素子がもたらす恩恵なのである

もちろんこの CMOS自体は ソニー製なので
満を持して出したHX1は一番盛りだくさんの機能があるのだ


で、今回取り上げるのはひとふりパノラマ撮影なのである

これはシャッターを押したままカメラを上下左右に振れば
画像を後からつなぐという手間無しでパノラマ画像ができるという
おもしろい機能なのである

カメラを一定方向に振るだけで、最大224度の壮大なパノラマ写真を撮影可能。カメラを一振りする間に、手ブレ補正を行いながら最大100枚の静止画を高速連写。その連写画像を各画像間のズレを検出し、1秒で高精度につなぎあわせます。これにより、カメラをスイングするだけの簡単な操作で、高画質なパノラマ写真を手軽に撮影できます。


実際にやってみると、若干慣れが必要になるのだが
とにかくおもしろいのである


まずは失敗例
a0002177_14251398.jpg

ゆっくり上に向かって振り上げたら、ゆっくり過ぎて途中で終了
しかも左右にぶれたため、建物がグニャグニャだ (笑)


で、もう少し速く振ってみた
a0002177_14263539.jpg

先ほどよりはぜんぜん良い感じである
左の建物が曲がっているのは、レンズが広角だからで
縦方向に振る場合は要注意である


次は横に振ってみた (クリックすると大きくなります)
a0002177_14285571.jpg

a0002177_14293663.jpg

動いているものはこのように切り刻まれてしまうので
風景などの方が無難である

また、縦方向などで、それほど縦長が必要でない場合
16:9 と言うフォーマットを使う方が自然な場合がある


まずは16:9の縦長画像
a0002177_14313649.jpg



ひとふりパノラマで撮った画像
a0002177_1432717.jpg



まぁ、ブログに載せるには若干難しいパノラマ画像だが
撮っている方はかなりおもしろいのである

今日の朝食
[PR]
by kaonoi | 2009-06-06 20:49 | digital | Trackback | Comments(6)

夜景が約2倍キレイ < DSC-HX1

デジカメの世界では何よりも速度が大事なのだが
このDSC-HX1と言うデジカメは それを夜景に生かしている

   → 夜景が約2倍キレイ < DSC-HX1

簡単に言えば 一度シャッターを押すと 6枚の画像を撮影し
それを合成することでノイズを減らした夜景画像を生成すると言うことだ

まぁ、理屈は簡単だが処理速度の遅いCCDではかなり難しく
むかし三洋などがやっていた頃には、三脚使用が原則だったはずだ

それがソニー開発の高速CMOSのおかげで
一気に6枚の画像が撮れ、その後の合成も
さして時間が掛からないというすばらしさである

では実際に撮った画像で比較してみよう

比較相手は夜景に強いと言われている
富士フイルムの FinePix F200EXR である


a0002177_2224937.jpg
  CyberShot DSC-HX1  f/2.8  1/10s   ISO 400  


a0002177_22261182.jpg
  FinePix F200EXR  f/3.3  1/17s   ISO 1600




a0002177_22294222.jpg
  CyberShot DSC-HX1  f/2.8  1/8s   ISO 2500


a0002177_22304687.jpg
  FinePix F200EXR  f/3.3  1/8s   ISO 1600
富士が手ぶれで比較が難しいのだが、ソニーのISO2500で
ノイズレスなのはすごいことである
(ソニーが手ぶれしていないのは、ボディの形状のため)



a0002177_22332880.jpg
  CyberShot DSC-HX1  f/2.8  1/8s   ISO 1600


a0002177_22342222.jpg
  FinePix F200EXR  f/3.3  1/5s   ISO 1600
一見すると富士の方が夜景っぽい色合いなのだが
他の画像と比較すると、明らかにこの画像だけホワイトバランスがこけている
なんか不安定なデジカメだなぁ

その点 ソニーのHX1は若干露出が抑えめに画作りしているようだが
ホワイトバランスも、露出もばらつきが見られないのはすばらしい
[PR]
by kaonoi | 2009-06-02 08:36 | digital | Trackback | Comments(6)

サイバーショット DSC-HX1

わざわざGPOまで取りに行ったのは2台のデジカメだ
a0002177_17533664.jpg


とりあえずはでかい方の DSC-HX1から取り上げる

a0002177_18162738.jpg


ソニーとしては DSC-H10 以来のHシリーズなのだが
このH10というモデルは 10倍ズーム機で旅行用・・・・と
パナソニックの DMC-TZ5 あたりを意識した商品で
本来の流れで行くと、H10よりも DSC-H50 の後継機と言えそうだ

実はカタログの仕様だけ眺めてみると
H50にはワイヤレスリモコンとか花形フードとかけっこう盛りだくさんで
なんにも付いていないHX1はチト寂しい限りである
a0002177_1828967.jpg

a0002177_18283265.jpg


とりあえず充電が終わったので、外に出かけて撮ってみた

a0002177_1830147.jpg
     f/4  1/640s  ISO 125  広角28mm相当


a0002177_18315551.jpg
     f/5.2  1/800s  ISO 125  望遠560mm相当

さすがに20倍ズームはかなりアップできるのである


a0002177_1834152.jpg
     f/2.8  1/30s  ISO 320  


a0002177_1835386.jpg
     f/2.8  1/30s  ISO 250  マクロ

大きささえ我慢できるならば常用にしても良いくらいである
実はこの機種、暗いところでも使い勝手が良いはずなのだが
それはまた後日レポートするのだ

まだつづいている・・・・
[PR]
by kaonoi | 2009-06-01 08:31 | digital | Trackback | Comments(8)


17年住み慣れたシンガを離れ 新たにバンコク、さらに イサーンでの生活開始


by kaonoi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新のコメント

春も近くになってしまいま..
by うめこ at 10:47
kaonoiさん、こんに..
by 高兄 at 18:43
時々更新が途絶えてたのは..
by lee_makan at 05:18
おろ! それは大変な田..
by tanukidaponta at 19:55
何時再会!
by bossba at 14:46
タイの人はいつ頃から辛い..
by lee_makan at 01:20
王妃様、国民のお母様的存..
by bossba at 03:07
ポン太所長、こんにちは:..
by kaonoi at 08:07
bossbaさん、こんに..
by kaonoi at 08:05
ブンを積むのか、宣伝なの..
by tanukidaponta at 06:20
これがお葬式! 招待状..
by bossba at 18:14
tadano_butaさ..
by kaonoi at 10:33
こんばんは。 こういう..
by tadano_buta at 22:23
bossbaさん、こんに..
by kaonoi at 08:33
ポン太所長、こんにちは:..
by kaonoi at 08:31

最新の記事

ブログ更新終了のお知らせ
at 2016-12-31 19:19
Nikon Coolpix ..
at 2015-08-17 07:02
ASUS fonepad 7..
at 2015-08-15 07:08
7月11日  雨宿り
at 2015-08-14 07:02
Nikon Coolpix ..
at 2015-08-13 07:02
王妃誕生日(母の日)
at 2015-08-12 07:08
Cybershot DSC-..
at 2015-08-11 07:06
5月22日 高僧の葬儀 3
at 2015-08-10 07:02
8月8日  晴れたり降ったり
at 2015-08-09 07:06
5月14日 嫁の実家(マハ・..
at 2015-08-08 07:02
5月22日 高僧の葬儀 2
at 2015-08-07 07:02
危険と隣り合わせ?
at 2015-08-06 07:02
5月22日 高僧の葬儀
at 2015-08-05 07:01
サイアム・バナナ?
at 2015-08-04 07:03
5月14日 マハ・サラカム へ
at 2015-08-03 07:03
7月31日 ブルームーン
at 2015-08-02 07:11

エキサイト以外のブログ

最新のトラックバック

ホテルの朝食@ヴィエンチ..
from ポンポコ研究所
南翔饅頭店
from ポンポコ研究所
茶梅のパッケージがリニュ..
from 台北永康街の長順名茶のスタッ..
6/5 ロイエット県スワ..
from バックパッカー日記
リトルインディアの剪刀剪..
from 気になるシンガポール+α b..

フォロー中のブログ

バックパッカー日記
香港・中国・ASEAN 雑食性
B級LogBook
ポンポコ研究所
always over ...
南の島で暮らしたい!!
makan-makanan
気になるシンガポール+α...
渋滞日記
Starbucks World
ポンポコ研究所(アジアのお酒)
渋滞日記Ⅱ 
eat! eat! eat!
エキサイトブログCAFE

カテゴリ

weblog
digital
旅日記
バンコク生活
プーケット旅日記
イサーン日記
Singapore
B級グルメ
健康メモ
食べ物
見聞読
Diving
Diving INDEX
家族旅行
ゲーム
物欲記
ニュース
バカニュース
過去Log
水中デジカメ
脱力!
index
タイ 家族旅行
Laos 旅日記
シンガポール家族旅行
Cooking
日本家族旅行
日本旅行

タグ

(234)
(231)
(104)
(83)
(57)
(48)
(40)
(38)
(28)
(25)
(21)
(17)
(16)
(15)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

以前の記事

2016年 12月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
more...

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
オヤジ

画像一覧