タグ:DSC-WX1 ( 12 ) タグの人気記事

ソニー Cybershot WX30 (五日目) < WX1との比較

定期バッテリーチェックでWX30を使い始めている

で、その前にサルベージしているWX1と比べると
ほぼ現行機種と同じUIとかになっているため
使い勝手に違和感は無い
(買った当初は、違和感ありまくりだったのだが・・・)

a0002177_19134279.jpg
          左上 DSC-WX1   右下 DSC-WX30


買った当初、このカメラに愛情がわかなかった一番の理由は
使用バッテリーが高容量のGタイプから、薄型のNタイプに変わったからだ

そのため満充電での撮影枚数が 350枚から230枚へと減っている
もちろんこの手の常用カメラ (日常的にポケットに入れて持ち歩く)では
せいぜい撮って1日2~50枚なので、十分といえば十分だし
重量(バッテリーメモリー込み)が149gから117gへと 驚異的に軽くなっている


a0002177_19133045.jpg
          右上 DSC-WX30   左下 DSC-WX1

Tシリーズと同様のタッチパネルを使った操作パネルも
Tシリーズを常用する私にとっては、WX1の操作系よりも慣れている (笑)

再生画像を見るときなども、ワイド画面を全部使って見れば
それなりに迫力が出るので子供とかには受けがいい

a0002177_19131243.jpg

a0002177_19131258.jpg



何より19.8から19.1mmに薄くなっているのは
数字以上に感じられ、いわゆる胸のポケットに入れても違和感のない大きさなのだ

a0002177_19132789.jpg


実写画像
[PR]
by kaonoi | 2014-12-27 07:05 | digital | Trackback | Comments(2)

5年目にして新たな発見 (^^; < DSC-WX1

普段あまり使っていないデジカメは、バッテリー切れしていることが多いので
定期的に充電するようにしている

で、9月以来触っていなかった Cybershot WX1を出してみたら
まったく反応しない

a0002177_1320346.jpg


で、予備電池を入れても 起動しなかったので とうとう壊れたか・・・と思ったのだが
ものは試しでバッテリーを充電して試してみたところ
無事起動したのである

a0002177_13205861.jpg


つまり、本体内と予備電池の両方が上がってしまっていたわけだ (^^;

まぁ、この世代のデジカメは今のものより壊れにくいような気もするのだ

a0002177_1321236.jpg



で、ひさしぶりにいろいろ見ていたらシャッターボタンの横に小さなボタンがあった

a0002177_13195630.jpg


まったく記憶になく、使ったこともないと思うんだが
連写及びブラケット機能のボタンだったのだ

a0002177_13204665.jpg

a0002177_13204659.jpg


いや~ ちゃんとトリセツとか読むべきだなぁ (^^;

実際に撮ってみた
[PR]
by kaonoi | 2014-12-19 07:04 | digital | Trackback | Comments(6)

5年前のカメラは実用になるのか? < DSC-WX1

一時期 かなり気に入って使っていた機種に
Cybershot DSC-WX1 というカメラが有る

a0002177_19115654.jpg


購入後すぐリコールにあったり (シンガのソニーで対応)したが
気に入って二色 (金と黒)買ったりもした

現在 残っているのは ゴールドの一機種だけだ

a0002177_19114840.jpg


これ、5年前の機種なので 当時のソニーの標準である
MS(メモリースティック)仕様だ (現行機もMSは使える)

で、この機種 24mmの広角からの5倍ズームで
現行の廉価機とレンズスペックは変わっていない
逆に撮像素子が この機種で初めて民生機に使われた
裏面照射型CMOSで 画素数は1020万画素と
最近のソニーのようにむやみに多い画素数を欲張っていないため
好感の持てるスペックだったりする

a0002177_19114150.jpg


5年前とは思えない写り
[PR]
by kaonoi | 2014-09-22 07:09 | digital | Trackback | Comments(6)

常用デジカメに悩む

今まで常用していたソニーのサイバーショットTX5が
表面の塗装剥げを生じているため
臨時に WX1を持ち歩いているのだが
微妙に使い勝手が良くないのである

TX5と同じ性能を持つTX7が手元にあったので
どういう差なのかを検証してみた

a0002177_14395265.jpg



一番わかりやすい差は マクロの時の撮影距離である

沈胴式のWX1ではマクロ5cm 屈曲式のTX7・TX5は1cmだ

a0002177_14453760.jpg

a0002177_14455139.jpg


実際の写り具合はと言えば

a0002177_14464368.jpg
            WX1のマクロ


a0002177_14473414.jpg
            TX7のマクロ


レンズの高さが違うためピントの合う位置が違っているが
大きさの差は明らかである

では実際の撮影場面で比べてみる

WX1の場合はこういう感じだ
a0002177_14541443.jpg
a0002177_14542580.jpg



TX7で撮ると下記のようになる
a0002177_14553323.jpg
a0002177_14554259.jpg


つまり、この寄りの差が WX1に対する違和感になってしまうのだ

他機種ではどうだ (Pentax H90 )
[PR]
by kaonoi | 2010-11-05 10:31 | digital | Trackback | Comments(0)

WX1 & MPK-WEB 購入

ソニーの サイバーショットWX1が安い

最初に購入したときには4万円近かったと思ったのだが
現在は1万円台で入手できる  → 価格コム
私自身はちょっと前に発注したのでヨドバシで¥19800だったのだが・・・

このデジカメの性能は 1万円台ではあり得ないため
スペア & 水中用に 購入である
a0002177_144004.jpg


一緒に購入したハウジングの MPK-WEBはヨドバシで¥26250だったので
1万円近くハウジングの方が高いのだ (笑)

で、このハウジング 対応機種が異常に多い
a0002177_1446048.jpg


今回同時購入した WX1 以外に
W290 ,W275 ,W270 ,W230 ,W225 ,W220 ,W210
と、8機種に使えることになっている

もっとも、日本で販売されたのは WX1、W220、W270 の三種類で
他の型番は海外モデルに使われているものだ

で、こういう風に多機種へ対応させるためには
ハウジングを二重構造にして、各機種対応の内部パーツを
別に用意する必要があるのだ

そのため、このハウジングにも 最初から設置されているWX1用以外に
下記のパーツが別途同梱されているのだ
a0002177_14523242.jpg


WX1は 既に組み込まれているパーツでOKなので
そのままハウジングに入れればいいのである
a0002177_151738.jpg

もちろん、カメラストラップは外さないとダメなのだが (^^;


で、これは良いことばかりではなく、問題もある
つまり、内部を二重構造にしてあるため
カメラの大きさと比べて、ハウジングが大きくなる点だ
a0002177_1523083.jpg


特にWX1などは24mm相当の広角レンズなので
ポートも必然的に大きくなってしまい
とてもBCDのポケットに入らないのである (^^;

今日の経済飯
[PR]
by kaonoi | 2010-05-19 19:32 | digital | Trackback | Comments(6)

炭火焼き 焼き鳥(豚もあり)

プーケットに限らないのだが、タイは屋台天国で
どこでも簡単に店開きしているのだ

この店も以前は細々と豚の串焼きをやっていただけなのだが
いまやかなりの種類の炭火焼きをそろえるようになっている

a0002177_1445732.jpg


これはリアカー式の移動屋台なのだが
オーナーはすぐ後ろ側にある家の主人で
まぁ、いわゆる素人営業なので
ローシーズンまで営業が続くかどうかは謎である (笑)

a0002177_14473052.jpg


串モノは8割方火が通っているので
炭火の網に乗せて温めればそれでOKだ

まぁこの手の焼き物は外れがほとんど無いので
大変美味しくいただけたのである  (^^)


で、帰宅してデジカメの画像を見ていると
炭火の炎が紫なのに気がついた
a0002177_1452854.jpg


これは、炭火の炎に含まれる赤外線成分を
デジカメの撮像素子が感知しているためだ

もちろん子供時代に聞こえる蚊の羽音が
年をとってくると聞こえなくなるように
ある種の能力がある人には不可視光線である赤外線も
見えるかも知らないが

帰国後に確認してみた
[PR]
by kaonoi | 2010-03-02 22:25 | プーケット旅日記 | Trackback | Comments(2)

セントーサ島は大工事中・・・・

日曜日の朝、セントーサ等の入り口であるVivo Cityまで行ってきた

a0002177_10552828.jpg


屋上にある巨大ツリーはなかなかの規模なのだが
昼間見てもいまいち感激が薄い

と言うか、この時間帯(朝9時)はほとんど誰もいないのだ


a0002177_10571551.jpg


来年の第一四半期 (シンガの場合は1~3月)に完成すると言われている
カジノとユニバーサル・スタジオは まさに工事の真っ最中である

a0002177_10583193.jpg

a0002177_10585894.jpg

a0002177_10591142.jpg


今のところは、何がどうなっているのかさっぱり判らないのだが
かなりの規模であることは間違いない

しかも日に日に完成に近づいているので
案外予定どおり オープンできるのかも・・・・・
(シンガポール人も完成日時は信用していない)

また、これにあわせて(だろう)MRTサークルラインの工事も進んでおり
セントーサからホーランド・ビレッジへ直通で行けるようになる
私が来た94年当時は山越えの細い道路しか無く
シンガポールとは思えない(まるで西伊豆の山道のよう)景色だったのだ

本来の目的
[PR]
by kaonoi | 2009-11-30 19:15 | Singapore | Trackback | Comments(2)

Dレンジオプティマイザー < サイバーショット WX1

通勤時には降っていなかったのだが
会社に着く頃から、雨が降り出してきた
a0002177_115052.jpg


このところ連日雨が降っている
今日は1時間ほどで降り止んだのだが
昨日・一昨日などは、日中ずっと降っていた

  → Dレンジオプティマイザー

最近のデジカメは後処理でダイナミックレンジを広げる機能がある

ソニーがやっているのは「Dレンジオプティマイザー」と呼ぶ機能だが
各社とも同様な機能を持っているのである
で、この機能を使うとどうなるのだろう

まずは使わないで撮影してみる
a0002177_11193586.jpg


背景の明るさに負けて、手前のカップは暗く写っている


次に「Dレンジオプティマイザー」を使うと
a0002177_11204214.jpg


おぉ・・ カップの文字がはっきり読める
それでいて 背景が白飛びすることもない

これはかなり有効な機能である

ちなみにカシオでは「押すだけ逆光」「押すだけ夜景」
キヤノンでは 「暗部補正」
リコー 「自動レベル補正機能」
などという名前で、同様な機能がある

さらに、リコーのCX1/2など高速CMOS機では
自動で2枚撮って合成する HDR(ハイダイナミックレンジ)画像機能まである
これについては、また後日報告する予定

a0002177_11382641.jpg


とにかく 付いている機能は使わなければもったいないので
各社のデジカメをお使いの皆様、ぜひ今一度見直しを  (^^)

なかなか大変 縦パノラマ
[PR]
by kaonoi | 2009-10-16 11:51 | digital | Trackback | Comments(0)

プラタ・セット @ アメイ・カフェ

休みの日に カシオ EX-H10 と リコー CX2を撮り比べて
あまりに発色が違うのに驚いたのであるが
今朝通勤途中に ソニー DSC-WX1とも比べてみた

a0002177_15262624.jpg
      ソニー DSC-WX1 広角端(24mm相当)  1/100s  f/7.1  ISO160


a0002177_1528210.jpg
      カシオ EX-H10 広角端(24mm相当)  1/400s  f/3.2  ISO64

 
ソニーの場合、裏面照射型CMOS のためか 最低感度が ISO160 と、高い
そのため、絞りを暗くして調整しているようだ
もっとも、このクラスのデジカメで絞り機能があるのは珍しいので
NDフィルター方式だと想像される

また、画像ではカシオの方が暗く見えるが
これは私がカスタム設定で、露出を1/3段落としているためである


a0002177_1540295.jpg
      ソニー DSC-WX1 (86mm相当)  1/250s  f/5.0  ISO160 


a0002177_15451716.jpg
      カシオ EX-H10 (89mm相当)  1/125s  f/4.8  ISO64

露出を切り詰めているせいもあるのだが カシオの方が色が濃い
と言うかソニーの方が自然な発色に思える

元々ソニー機は、リコー並みに発色が薄かったのだが
ここに来てずいぶん自然な色合いになってきたようだ

カシオは風景モードと言うこともあって、オリンパスやキヤノン並みに
こってり塗ったような色合いなのは、ちょっと補正しすぎに思われる

もっとも、これがブツ撮り(物撮り)になると
差が一気に縮まるのである
(要するにカシオの風景モードが補正しすぎな訳だ)



と言うわけで、ブツ撮りに 出かけてきた
a0002177_15535312.jpg


場所はノビナ・スクエアのアメイ・カフェである


a0002177_15551165.jpg
      ソニー DSC-WX1  1/250s  f/2.4  ISO400


a0002177_15562149.jpg
      カシオ EX-H10  1/60s  f/3.2  ISO100



a0002177_1557726.jpg
      ソニー DSC-WX1  1/50s  f/2.4  ISO400


a0002177_15573350.jpg
      カシオ EX-H10  1/60s  f/3.5  ISO200

上の画像と同様、カシオはカスタム機能で露出を抑えている
そのため若干暗く写っているのは差し引いて見てもらいたい
[PR]
by kaonoi | 2009-10-14 08:27 | B級グルメ | Trackback | Comments(4)

サイバーショット修理完了

ソニーのサイバーショットでリコールが発生していたのだが
シンガポールのサービスセンターで修理が完了した

  →  ビンゴ! < ソニーサイバーショット リコール

前面パネルのメッキ部が剥がれ落ちると言う
何とも情けないリコール内容なのであるが
このメッキをやった部品メーカーは立ち直れないだろうな (笑)

a0002177_23243675.jpg


気に入って2台買ったら、両方ともリコール対象で
まったくついていないと言うことだ (笑)

で、ちょうど届いた 新型と並べてみた

a0002177_23214238.jpg
      上がDSC-W170  下がDSC-WX1

実は W170には光学ファインダーがついているため
WX1より一回り大きく、厚さも分厚くなっている
a0002177_23305115.jpg


と言うより、5倍ズームと24mmからの広角レンズを持つWX1が
そのスペックに比べて異常にコンパクトにできているのに ちょっと驚きだ

昼食は和民
[PR]
by kaonoi | 2009-10-10 00:03 | digital | Trackback | Comments(10)


17年住み慣れたシンガを離れ 新たにバンコク、さらに イサーンでの生活開始


by kaonoi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新のコメント

春も近くになってしまいま..
by うめこ at 10:47
kaonoiさん、こんに..
by 高兄 at 18:43
時々更新が途絶えてたのは..
by lee_makan at 05:18
おろ! それは大変な田..
by tanukidaponta at 19:55
何時再会!
by bossba at 14:46
タイの人はいつ頃から辛い..
by lee_makan at 01:20
王妃様、国民のお母様的存..
by bossba at 03:07
ポン太所長、こんにちは:..
by kaonoi at 08:07
bossbaさん、こんに..
by kaonoi at 08:05
ブンを積むのか、宣伝なの..
by tanukidaponta at 06:20
これがお葬式! 招待状..
by bossba at 18:14
tadano_butaさ..
by kaonoi at 10:33
こんばんは。 こういう..
by tadano_buta at 22:23
bossbaさん、こんに..
by kaonoi at 08:33
ポン太所長、こんにちは:..
by kaonoi at 08:31

最新の記事

ブログ更新終了のお知らせ
at 2016-12-31 19:19
Nikon Coolpix ..
at 2015-08-17 07:02
ASUS fonepad 7..
at 2015-08-15 07:08
7月11日  雨宿り
at 2015-08-14 07:02
Nikon Coolpix ..
at 2015-08-13 07:02
王妃誕生日(母の日)
at 2015-08-12 07:08
Cybershot DSC-..
at 2015-08-11 07:06
5月22日 高僧の葬儀 3
at 2015-08-10 07:02
8月8日  晴れたり降ったり
at 2015-08-09 07:06
5月14日 嫁の実家(マハ・..
at 2015-08-08 07:02
5月22日 高僧の葬儀 2
at 2015-08-07 07:02
危険と隣り合わせ?
at 2015-08-06 07:02
5月22日 高僧の葬儀
at 2015-08-05 07:01
サイアム・バナナ?
at 2015-08-04 07:03
5月14日 マハ・サラカム へ
at 2015-08-03 07:03
7月31日 ブルームーン
at 2015-08-02 07:11

エキサイト以外のブログ

最新のトラックバック

ホテルの朝食@ヴィエンチ..
from ポンポコ研究所
南翔饅頭店
from ポンポコ研究所
茶梅のパッケージがリニュ..
from 台北永康街の長順名茶のスタッ..
6/5 ロイエット県スワ..
from バックパッカー日記
リトルインディアの剪刀剪..
from 気になるシンガポール+α b..

フォロー中のブログ

バックパッカー日記
香港・中国・ASEAN 雑食性
B級LogBook
ポンポコ研究所
always over ...
南の島で暮らしたい!!
makan-makanan
気になるシンガポール+α...
渋滞日記
Starbucks World
ポンポコ研究所(アジアのお酒)
渋滞日記Ⅱ 
eat! eat! eat!

カテゴリ

weblog
digital
旅日記
バンコク生活
プーケット旅日記
イサーン日記
Singapore
B級グルメ
健康メモ
食べ物
見聞読
Diving
Diving INDEX
家族旅行
ゲーム
物欲記
ニュース
バカニュース
過去Log
水中デジカメ
脱力!
index
タイ 家族旅行
Laos 旅日記
シンガポール家族旅行
Cooking
日本家族旅行
日本旅行

タグ

(234)
(231)
(104)
(83)
(57)
(48)
(40)
(38)
(28)
(25)
(21)
(17)
(16)
(15)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

以前の記事

2016年 12月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
more...

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
オヤジ

画像一覧